2010年02月25日

509号「坂の上の雲」日清戦争の後の東郷平八郎と秋山真之の会話

今が、ますます幸せだと気がツクには509号
「坂の上の雲」日清戦争の後の
東郷平八郎と秋山真之の会話
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
日清戦争が終わりました
日本は辛うじて勝利しました
でも国民は、そうは思いませんでした
大国清国に勝てるかと不安になっていた日本人は
この時にあまりにも勝ちすぎて
近代化していない清国の兵が弱すぎて
同じ東洋人の朝鮮人、中国人を侮る気持ちが生まれました
それ以降、知らず知らずの内に
朝鮮人、中国人の上に日本民族を置いてしまったのです
本当に不幸な事だったと思います

また、それに対して
ロシアやドイツ、フランスなどの三国干渉した国に対しては
大きな不信感を持ちました
日本は、清国から得た遼東半島の割譲を放棄させられ
ロシアが、その地の租借に成功して、無血で奪い取ると
日本は、ロシアに対して臥薪嘗胆をスローガンにすると
いつか仕返しを誓いました
日露戦争は、この時から始まって行くのです

さて、そんな日清戦争ですが
巡洋艦「筑紫」の艦長として参加した秋山真之は
清国北洋艦隊が立てこもる威海衛の攻略に唯一参加して
巡洋艦「筑紫」に砲撃を受けると
3人の部下を亡くし
大きなショックを受けます
軍人としては、戦争で兵が死ぬのは当たり前ですが
初めて戦争を経験した秋山真之にとっては
大きなショックで、海軍を辞める事さえ考えるのです

しかし、その事で苦悩していた秋山真之は
巡洋艦「浪速」の艦長で
英国国旗を掲げた汽船「高陞号(こうしょうごう)」が
清国兵を満載しているのを目にすると
随行するように求めそれが無理だと判断すると
国際法に基づいて
高陞号を撃沈して
英国人は救っても
清国の兵は救助せずに
英国からも、国際法に何ら違反していないと
判明するまで大きな批判を受けた
東郷平八郎少将と会うと
質問を投げかけました

引用させて頂くと
「一つ、伺ってもよろしいでしょうか
良き指揮官とはなんでしょうか
わしにはそれがよう分からんのです
少将はご自分の出した命令に
後悔した事はないですか」と質問した秋山真之に対して

「おいは自分の命令で
1100人もの清国の兵をいっぺんに殺しました
指揮官は決断し、命令を下すのは仕事じゃ
一端刀を抜く覚悟したら後は戦うだけじゃ」

「じゃどん、決断に至るまでは
あらゆることを考え抜かんといかん
それが指揮官たるものの責務でごわす」
そう東郷平八郎少将は答えると続けて
まだ悩んでいる秋山真之に
「おいも人間じゃ
悩みや苦しみから無縁ではなか
じゃどん、将たるもの
自分が出した命令を
神のように信じなかったら
兵は動かせん」

「決断は一瞬じゃが
正しい決断を求めたら
その準備には、何年、何十年かかろう
良き指揮官とは何か
犠牲になった兵の為にも
よう考えてほしか」
そう東郷平八郎は
少将として堂々と答え
俺は、そのシーンを見て
多くの御霊、英霊が感動した気がしました

というのも東郷平八郎は
国際法の研究が趣味で
英国に留学していた時からずっと研究していました
それが、イギリスの商船「高陞号」を撃沈する(高陞号撃沈事件)に対して
このことは国際法に違反しない行為であると
正しく判断できたのだとされていますが
もし、国際法をちゃんと理解していなかったら
こういった決断はできるはずがありません
東郷平八郎は、秋山真之に言った通り
兵を指揮する指揮官として
準備を怠る事がない人物だったのです

しかも冷静に判断できる人物でした
事実上海軍を動かしていたと言われる
山本 権兵衛海軍省軍務局長の鋭い質問に対しても
見事に返答しています
イギリスの商船「高陞号」は撃沈するしか方法はなかったと
納得させているのです
これが後に、日露戦争の時に
連合艦隊の司令長官になるという
大抜擢に繋がるのです

ですからそんな東郷平八郎と
その事を東郷平八郎から学んで
必死に良き指揮官になる為に
平時の時でも、自分を磨いてきた秋山真之が
日露戦争の時に
連合艦隊の司令長官東郷平八郎の作戦参謀について
「智謀如湧」と言われれる活躍をした事は
事実上、この二人によって
海軍の戦が戦われた事は
多くの海軍の英霊達にとっては
本当に幸せな事だと思います

だって亡くなった兵達は
英霊になったら
どんな英霊でも
東郷平八郎、秋山真之などの
生きている人達の心が全部分かります
なので、きっと二人の生き方
考え方も、すぐに知る事ができて
こんな指揮官の元で戦えるのなら
自分が死んだ事にも
ある意味納得したと思います
今は、そんな御霊、英霊達の幸せを願って
ご冥福を祈りたいと思います




●人生で成功するナビ"素質分析カルテ"●
人間関係向上・人間関係ストレス軽減ツール
パソコン用
http://www.geocities.jp/ennohana/1sositugakutuuru.htm


●●●●●●●●●●●●●●●
人間関係向上ストレス軽減ツール
携帯用
http://sositsu.keitailife.biz/iwa/
素質分析カルテ・岩谷正
●●●●●●●●●●●●●●●

あなたの夢が実現してしまう
魔法の力
誘導瞑想CD
心呼吸(しんこきゅう)
http://www.infocart.jp/t/10801/ennohana/

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズは、メルマガを通して
私とのご縁のある人が、ますます幸せになる為に、
いろんな情報を、お届けしています
しかも、情報をお届けするだけでなく、読者の皆さんに
具体的に幸せになれる手段、ご縁を提供するつもりですし
一人でも、多くの皆さんを、新しい時代、ユビキタス社会に
お連れすることを、目標にしています
また、その為に、最新のビジネス情報もお届けしますが
それだけでなく、皆さんが、究極の幸せになれるために
すべての魂を癒す。あるすごいエネルギーも、届けています
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


このメルマガを是非、皆さんの知人、友人にご紹介下さい
メールで、どんどん、送ってあげて下さい
メルマガ読者登録は、こちらからお願いします
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズ
メルマガ申し込み・解除 PCサイト
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=3



今がますます幸せだと気がツクにはシリーズのメルマガ
携帯にも送れるようになりました
是非、携帯からお読み下さい
携帯、申し込みサイトから申し込んで下さいね
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=4


今がますます幸せだと気がツクにはシリーズの
メルマガに関して、感想、質問、ご意見があれば
どんなことでも、結構です
いつでも、誰でも、遠慮なく、お問い合わせ下さいね
必ず、ご返事します
https://www.form-answer.com/applications/B9DWB



今がますます幸せだと気がツクにはブログサイトでは
どんどんブログ書いていますよ
 http://ennohana.seesaa.net/


縁の花 トップページ 
http://www.geocities.jp/ennohana/


縁の花 携帯サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/keitaiennohana/indexennohana.htm




縁の花で、ご縁を持たせて頂いた人達の本を、ご紹介しています。
○縁の花書店PC版サイト○ 
http://astore.amazon.co.jp/ennohana-22



縁の花村情報サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/ennohanamurajo/ennohanamura.htm

posted by キク at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 坂の上の雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

507号「坂の上の雲」伊藤博文の苦悩と決断

今が、ますます幸せだと気がツクには507号
「坂の上の雲」伊藤博文の苦悩と決断
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
新大河ドラマ「坂の上の雲」で
俺が、本当に感動したシーンの一つに
第3話「国家鳴動」の中で
日清戦争を何とか回避しようとしていた伊藤博文が
時代の流れを押し止める事ができず
自らの命がもうないのを悟りながらも
日本の将来の為に、日清戦争をする事を強烈に推し進めている
カミソリ外相と言われている陸奥宗光を
夜中、自宅に呼んで
日清戦争を決断したのか
しみじみと言ったシーンがあります

坂の上の雲二の原作にはないシーンですが
引用させて頂くと
「わしもお前も、こんなところまでよう来たものだ。そう思わんか」
と幕末の時代から多くの同志を亡くしながらも生き残り
今、明治の首相と外相と言う地位を得た事をしみじみと言うと
今度は、本当におかしそうに笑うと

「実は陸奥、未だに高杉さんに怒鳴られている夢をよう見る
おかしいだろう
奇兵隊の高杉晋作、夢の中では、今でもわしは高杉さんの使いぱっしりよ」

「陸奥、わしはただの臆病ものよ
だから石橋を叩いてこの国を造って来た
清国と戦をして万が一負けたらどうなる」

「楽観論はもうよい
負けたらどうなるか
お前はそう考えた事があるか
財政は破綻
国際的にも孤立して
我が国は列強の餌食」

「例え負けた時でも、被害を最小限に留めないといかん
あらぬる手を使ってでも
そうする為に、わしやお前がおるんじゃ」

「陸奥、内々にロシアに根回しせよ
我が国の朝鮮の出兵は、朝鮮を清国の属国から解放して
独立する為であって、決して領土侵攻の為にあらず
清国にも提案書を出さねばならない
我が国は、日清共同で、朝鮮の内政改革して
朝鮮を真の独立国にする事を提案する」

「清国が飲まなくても構わん
我が国の大義を世界に提案する為だ」

そう伊藤博文は、陸奥外相に言いました
慎重で、戦が嫌いで有名で
長州藩と欧米との馬関戦争を経験していて
欧米の列強諸国を極端に恐れている伊藤博文を
なかなか煮え切れない人物として
参謀次長・川上操六と独断で
清国との戦争も推し進めていた外相
カミソリと言われていたぐらい頭のいい陸奥宗光も
この時は、伊藤博文首相の大きさ
明治の元勲に、たじたじだったのです

また俺は、このシーンを見て
大東亜戦争、太平洋戦争の時
伊藤博文が、日本の首相だったらと
考えずにおられませんでした

あの時に、日本が米英を敵にして
戦争をして、負けたらどうなるか
はっきりとイメージして
戦争を決断できた指導者は
いたのでしょうか
東條英機首相や、陸軍大臣、海軍大臣
誰かいたのでしようか

その答えは
もちろん分かりませんが
戦後、いろいろ調べた中では
なかったみたいです
太平洋戦争が始めた時
日本が、B29などのまだ開発されていない
戦略爆撃機によって
焼け野原になる事さえ
誰も理解していなかったと言われています
それは、ドイツが、英米の激しい空襲で
都市がどんどん破壊されている事で
初めて大変な事になると一部の人だけが理解したのです

だからそんなあの当時の日本の指導者が
日本が、米国と戦争になったら
米国に移住した多くの日本人、日系人が
強制収容所に転住させられて
今まで積み上げてきた財産をすべて無くしてしまう事や
太平洋の島々で戦う事で
制海権、制空権を無くしたら
食料や武器を運ぶ事ができなくて
多くの兵士が戦わずに餓死してしまう事も
理解していなかったと思います

いえ、それだけでなく
この太平洋戦争の戦いで負けたら
日本は、不可侵条約を結んでいるソ連に
満州をいつか侵攻されて
日清戦争以来、いろんな人達が
積み上げてきた大陸の領土を全て無くし
何百万人という民間人を
満州や朝鮮に取り残してしまう事や
朝鮮国にも迷惑をかける事も
理解していなかったと思います

その上に、米英の連合国に、日本が占領されて
天皇制ももしかしたら廃止になって
南方の島々や北方領土もすべて無くして
日本列島という四島の島に押し込められる事も
理解してしなかったと思います

何故なら、その事をあの当時の日本の指導者が理解していたら
とても米国と戦争する事はできなかったと確信しています
例え、短期決戦なら勝てるかもしれないと思っても
もし、それに失敗して、長期戦になったら
日本は、明治以来築き上げていたものをすべて無くし
日本人の死傷者数:646万人
死者数:300万人前後になると分かっていたら
とてもあほらしくて、戦争は避けていたと思うのです

また、そんな日本の指導者ですから
英米と戦争をする事に関しても
大義、世界が納得する理由を造って
戦争を決断しませんでした
この太平洋戦争の意義さえ
まったく考えていなかったのです

だって、それを考えていたら
アジア諸国が、欧米、特にヨーロッパ諸国の植民地に
なっている現状に目を付けて
植民地解放を大義にあげていたと思うからです

でもその当時の日本の指導者は
その事さえ意識していませんでした
八紘一宇、「世界をひとつの家とすること」という事で
その当時の日本人なら、アジア諸国を植民地から解放するのは
常識だったのかも知れませんが
それを世界に宣伝して
日本の大義を作るという意識もありませんでした
もし、そんな大義があったら
負けた時でも、日本の被害は少なくできる
日本国の名誉と、何よりも戦って亡くなった英霊達の誇りは
守る事ができる
そんな意識さえなかったのです

ですから俺は、今それが残念で仕方ないですし
その思いは、多くの英霊達も同じだと思います
でも、それもすべて終わった事です
今更言っても、何も生まれませんし
日清戦争、日露戦争と違って
太平洋戦争は、急激に武器、科学が進歩して
たった1回の空襲で、東京や大阪の都市が壊滅したり
たった1個の爆弾、原子爆弾で
広島や長崎の都市が破壊されて
何万人もの人が全滅するなんて
誰一人、太平洋戦争が始まった時には
予想できない夢物語だったと思います


なので、今はそんな英霊達と
日本のあの当時の指導者に
太平洋戦争の被害や意味を
理解している人物がいたら
よかったと言う事で終わりたいと思います


●人生で成功するナビ"素質分析カルテ"●
人間関係向上・人間関係ストレス軽減ツール
パソコン用
http://www.geocities.jp/ennohana/1sositugakutuuru.htm


●●●●●●●●●●●●●●●
人間関係向上ストレス軽減ツール
携帯用
http://sositsu.keitailife.biz/iwa/
素質分析カルテ・岩谷正
●●●●●●●●●●●●●●●

あなたの夢が実現してしまう
魔法の力
誘導瞑想CD
心呼吸(しんこきゅう)
http://www.infocart.jp/t/10801/ennohana/

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズは、メルマガを通して
私とのご縁のある人が、ますます幸せになる為に、
いろんな情報を、お届けしています
しかも、情報をお届けするだけでなく、読者の皆さんに
具体的に幸せになれる手段、ご縁を提供するつもりですし
一人でも、多くの皆さんを、新しい時代、ユビキタス社会に
お連れすることを、目標にしています
また、その為に、最新のビジネス情報もお届けしますが
それだけでなく、皆さんが、究極の幸せになれるために
すべての魂を癒す。あるすごいエネルギーも、届けています
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


このメルマガを是非、皆さんの知人、友人にご紹介下さい
メールで、どんどん、送ってあげて下さい
メルマガ読者登録は、こちらからお願いします
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズ
メルマガ申し込み・解除 PCサイト
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=3



今がますます幸せだと気がツクにはシリーズのメルマガ
携帯にも送れるようになりました
是非、携帯からお読み下さい
携帯、申し込みサイトから申し込んで下さいね
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=4


今がますます幸せだと気がツクにはシリーズの
メルマガに関して、感想、質問、ご意見があれば
どんなことでも、結構です
いつでも、誰でも、遠慮なく、お問い合わせ下さいね
必ず、ご返事します
https://www.form-answer.com/applications/B9DWB



今がますます幸せだと気がツクにはブログサイトでは
どんどんブログ書いていますよ
 http://ennohana.seesaa.net/


縁の花 トップページ 
http://www.geocities.jp/ennohana/


縁の花 携帯サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/keitaiennohana/indexennohana.htm




縁の花で、ご縁を持たせて頂いた人達の本を、ご紹介しています。
○縁の花書店PC版サイト○ 
http://astore.amazon.co.jp/ennohana-22



縁の花村情報サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/ennohanamurajo/ennohanamura.htm

posted by キク at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 坂の上の雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

505号「坂の上の雲」もし、明治の日本が 日露戦争をしなかったらどうなったか

今が、ますます幸せだと気がツクには505号
「坂の上の雲」もし、明治の日本が
日露戦争をしなかったらどうなったか
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
さあ、日本は英国からの同盟を申し込まれても
大国ロシアとは戦おうしませんでした
短期決戦なら戦い勝利する可能性もありましたが
日本は、老獪な英国が、日本を利用して
ロシアを抑える目的だと言う事が分かっていました
そんな英国は、ロシアや他の国からの
中国の英国勢力圏に対する脅威が無くなると
日本に敵意を見せる事も
よく分かっていたのです

だから日本の伊藤博文首相は慎重で
明治天皇も、そんな伊藤博文を支持していました
なので、英国は、日本を利用する事は諦めました
大陸に利権のない日本を使う事はできない事を
悟ったのです

しかし、日本が駄目なら
アジアの国の中には
英国に、頼れる国はありませんでした
やっと近代化に力を入れ始めた
清国を頼る事はできませんでした
ロシアと清国が戦争しても、とてもロシアに勝てるとは思えなかったのです

なので、英国は、最初は、同じように中国に勢力圏を
持っているフランスも巻き込んで
清国、英国、フランスと組んで
ロシアと対抗しようとしました
英国自身も、軍隊を出し、フランスにも出させようとしたのです
そうするしか、ロシアの脅威から
イギリスの国益を守る事はできないと考えたのです

でもフランスは、ロシアとの関係が壊れる事を恐れて
そんな英国の提案を拒否しました
ヨーロッパ大陸で、ドイツと対抗しているフランスは
ドイツを牽制してくれるロシアとの関係を
大切にしていたのです
イギリスの目論見は、うまくいかなかったのです
だけど、そんな英国を
日本が助け舟を出しました
ロシアに対して
英国、自らが戦うのであれば
日本と英国が、中国に
同数の兵を出すのであれば
日本も戦うと言う事で
急遽日英同盟が決まったのです

もし、清国が属国にしている朝鮮国を
ロシアが狙ったら
英国は、軍を派遣しても
日本と共に戦う
もし、ロシアが清国と戦争になったら
日本は、英国と協力して
ロシアと戦う
そういった日英同盟が結ぶ事ができたのです

しかもそんな日本と清国、英国との同盟は
ロシアにも大きな脅威を与えました
黄色人種の日本を侮っていたロシアも
さすがに清国、英国、日本の三国を敵にしては
戦争に勝てる自信がありませんでした
それで、清国に対する南下政策も一端は収まりました
ロシアの朝鮮に対する侵攻も、清国と外交交渉で
押さえる事ができたのです
日露戦争も、清露戦争も起きなかったのです

そしてそんな中で、アジアの歴史は進み
大きな戦争は起きず
清国では、ついに孫文による辛亥革命が起きて
1912年、清国は滅亡すると中華民国が誕生しました

だけどここでも
大陸に侵攻していない日本は
中華民国、中国人と争う事はなく
孫文を密かに応援していて
革命が成功すると、このチャンスを逃さず
今度は、外交の力で、
朝鮮国を中国から
独立させることに成功しました
中華民国も、経済的に負担な朝鮮を
手放しかったのです
日本は、そんな中華民国に
最後は、朝鮮国を独立させなかったら戦争すると脅して
しぶしぶ認めさせたのです
こうしてしばらく平和な時代が続いたのです

でもやがて、第1次世界大戦が起こり
日本は、英国との同盟で
英国、フランスの連合軍にツクと
ドイツと戦いました
日本は、英国の要請で
中国の青島や、
太平洋のマーシャル諸島などの南方の島々を落としたのです


だけど、日本の狙いはそれだけではありませんでした
第1次世界大戦の時に、ドイツに負け続けたロシアは
長年待っていたロシアに革命が起きて
赤軍、共産党の政権が起きると
英国、フランスなどの連合国はドイツの目を再び東部に向けさせ
同時にロシアの革命政権を打倒することも意図した干渉戦争を開始して
日本は、ロシア極東のウラジヴォストークにいる
「チェコ軍捕囚の救出」を大義名分としたシベリア出兵の要請を受けると
米国と共に出兵すると、満州からソ連、ロシアを追い出しました

その上で、満州を独立させると
新しく誕生した国連に認めさせました
日本は、占領した南方の島々を別として
大陸の占領した青島からもすぐに撤退して
中国の利権を求めず
一切、大陸に軍を駐留させる事
植民地を得る事を求めようとはしない上に
台湾、朝鮮を独立させた実績があるので
英国、フランスも反対できず
中国もしぶしぶ認めたのです

そしてその時から
日本は、いよいよ
アジア諸国の独立を目指して動き出しました
国連に参加すると
植民地解放、人種差別を訴えて
白人中心の国連を悩ませました
日本は、アジアの星として
アジアからの植民地を一掃する事を
目的に行動したのです

また、そんな日本にとって
第二次世界大戦は、大きなチャンスでした
日本は、世界恐慌で
経済的な打撃は大きく
植民地がない為に
英国、フランスのブロック経済で市場を無くして
大いに苦しむ事になりましたが
台湾、朝鮮、満州、中国、米国との貿易で
何とかやっていけました
大陸に植民地がなかったので
経済的な負担がなかった事が大きかったのです
それで、ドイツと、同盟を結ぶ必要はなかったのです

しかも中国に侵略していない上に
中国人とも敵対していない日本は
中国人による反日運動も起きませんし
中国とも戦争にならず
中国軍と中国共産軍の戦争にも介入しないので
大きな影響力を保ち続けていました
日本は、中国との泥沼の戦争をすることなく
軍事力を強化できたのです

それで、第2次世界大戦が起きると
イギリス、ドイツどちらとも組まないでいる日本は
やがて、アジアの植民地解放を目指して
イギリス、フランス、オランダに堂々と宣戦布告して
戦争を仕掛けて勝利すると
アジア諸国を次々解放しました
その上で、すぐに独立させてしまったので
米国も、そんな日本の行動を支持したので
太平洋戦争は起きなかったのです

以上が、日清戦争、日露戦争を起こさなかった
日本の新しい道です
でも、きっと、皆さんの多くは
それは理想だけど
現実的には難しいと思うかもしれないですね
だけど、俺はそんな理想があってもいいと思います
それが、日清戦争、日露戦争を戦った英霊達が
一番望んだ事だと思うからです

是非、日清・日露戦争を戦った英霊達には
俺や今の日本について貰って
時々は、そんな楽しいシミュレーションを夢見て
こうしていたら良かったね
と元気を与え
過去の過ちは、素直に認め、反省して
これからの日本をよくするために
一緒に一緒に
共に活動したいと思います


●人生で成功するナビ"素質分析カルテ"●
人間関係向上・人間関係ストレス軽減ツール
パソコン用
http://www.geocities.jp/ennohana/1sositugakutuuru.htm


●●●●●●●●●●●●●●●
人間関係向上ストレス軽減ツール
携帯用
http://sositsu.keitailife.biz/iwa/
素質分析カルテ・岩谷正
●●●●●●●●●●●●●●●

あなたの夢が実現してしまう
魔法の力
誘導瞑想CD
心呼吸(しんこきゅう)
http://www.infocart.jp/t/10801/ennohana/

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズは、メルマガを通して
私とのご縁のある人が、ますます幸せになる為に、
いろんな情報を、お届けしています
しかも、情報をお届けするだけでなく、読者の皆さんに
具体的に幸せになれる手段、ご縁を提供するつもりですし
一人でも、多くの皆さんを、新しい時代、ユビキタス社会に
お連れすることを、目標にしています
また、その為に、最新のビジネス情報もお届けしますが
それだけでなく、皆さんが、究極の幸せになれるために
すべての魂を癒す。あるすごいエネルギーも、届けています
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


このメルマガを是非、皆さんの知人、友人にご紹介下さい
メールで、どんどん、送ってあげて下さい
メルマガ読者登録は、こちらからお願いします
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズ
メルマガ申し込み・解除 PCサイト
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=3



今がますます幸せだと気がツクにはシリーズのメルマガ
携帯にも送れるようになりました
是非、携帯からお読み下さい
携帯、申し込みサイトから申し込んで下さいね
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=4


今がますます幸せだと気がツクにはシリーズの
メルマガに関して、感想、質問、ご意見があれば
どんなことでも、結構です
いつでも、誰でも、遠慮なく、お問い合わせ下さいね
必ず、ご返事します
https://www.form-answer.com/applications/B9DWB



今がますます幸せだと気がツクにはブログサイトでは
どんどんブログ書いていますよ
 http://ennohana.seesaa.net/


縁の花 トップページ 
http://www.geocities.jp/ennohana/


縁の花 携帯サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/keitaiennohana/indexennohana.htm




縁の花で、ご縁を持たせて頂いた人達の本を、ご紹介しています。
○縁の花書店PC版サイト○ 
http://astore.amazon.co.jp/ennohana-22



縁の花村情報サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/ennohanamurajo/ennohanamura.htm
posted by キク at 13:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 坂の上の雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

504号坂の上の雲」もし、明治の日本が日清戦争をしなかったらどうなったか

今が、ますます幸せだと気がツクには504号
「坂の上の雲」もし、明治の日本が
日清戦争をしなかったらどうなったか
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
新大河ドラマ「坂の上の雲」を通して
日清戦争について書かせて頂いています
今、日清戦争、日露戦争を戦った英霊、御霊が
この世にまだいたら、どんな事を思っているか
何を願っているか
その視点で書かせて頂いています
その上に、どうしたら、これからの日本や
俺にツイテ頂けるか
守って頂けるか
それを一番の目的に書いています
俺は、坂の上の雲のドラマを通して
それを多くの人が見ている現在の日本人に
日清戦争、日露戦争の英霊達に
ツイテ頂きたいと思っているのです

さて、そんな日清戦争ですが
俺は、あの当時の明治の日本が
日清戦争をしたのは間違いではなかったか
いえ、日清戦争で勝利して
台湾を得て、朝鮮国を独立国と認めさせたのは
間違いでなかったとしても
それによって、朝鮮や中国と言う大陸に侵攻したのは
大いなる間違いだったと思っています
日本は、大陸に、武力を侵攻すべきではなかったと思っているのです

だから今から、日清戦争で亡くなった英霊達の供養を願って
日清戦争をしなかった日本
新しい日本の道を考えたいと思います

しかしそれは、「言うは易く行うは難し」です
というのも日本が、あの時に、日清戦争をしないと言う事は
甲午農民戦争で大混乱している李氏朝鮮からの要請で
清国の軍隊が、朝鮮に入っても
日本は、朝鮮には、軍隊は入れない
朝鮮国は、清国の植民地、属国だと認めることになるからです

しかも、日本がそうすることは
日本は、世界がまだまだ植民地獲得競争をしている時代に
日本は、大陸には侵攻しない
アジア諸国を植民地にはしないという事を
日本政府は、決断した事を意味します

それはまさしく国家100年の計と言えるもので
当時の政治家でも、余程の決断力と政治力がないとできない事です
もし、それをできるとしたら、明治天皇だけだと思いますが
明治天皇は、日清戦争に反対している伊藤博文から
イギリスが、ヨーロッパ大陸に侵攻しないでも
大繁栄している事を聞いて
日本の取る道は、朝鮮を得て、日本の防波堤にするのではなく
英国のような強力な海軍を持って
神国日本を守る事を選択しました
陸軍は、そんな伊藤博文に対して、猛然と反対しましたが
明治天皇の後押しで、日本は、甲午農民戦争で混乱している朝鮮国から
すべての軍隊を引き揚げたのです

こうして、新しい歴史では
1895年になっても、清国が朝鮮国を属国
植民地として扱う事で進みました
清国は、自信を付けると
朝鮮国に軍隊を駐留させて
日本が朝鮮に入る事は認めなかったのです

でもそれで、清国が強くなった訳ではありません
日本が、日清戦争をしなかったので
まだ欧米諸国からは、眠れる獅子と恐れられていた清国は
実は、日本に負けるぐらいと弱いとは思われなかったので
日清戦争後に起きた、中国でのヨーロッパ諸国やロシアの勢力分割を
一時は防ぐ事ができましたが
中国の劣勢は明らかでした
特に、その中でも、大陸で結ばれているロシアの脅威は大きく
清は、満洲からモンゴル・トルキスタンをロシアに
取られてしまうのです

また、そんな清国に、1900年に起きたのが義和団事件でした
反西洋・反キリスト教を掲げる義和団に
西太后はこれに乗せられて列強に宣戦布告したが
八カ国連合軍に北京を占領されて
簡単に負けてしまうのです

しかもこの8カ国連合の中でも
中心的な活躍をしたのは国際協調の為に
初めて大陸に軍を出した日本とロシアでした
特に、日本の軍事力は未知数で
その強さに世界は驚きました
他のイギリス・アメリカ・ロシア・フランス
ドイツ・オーストリア・イタリアは
アジアの中で、日本が唯一近代化に成功した事を知ったのです

その上で、義和団事件が終わると
日本は、台湾を領土にしました
他のヨーロッパ諸国は
長江流域をイギリス
山東省をドイツ、
広東省・広西省をフランス
満州をロシアと勢力圏としましたが
日本も、前から欲しかった
大陸から離れている台湾を得ると植民地にはせず
独立国させて、世界を驚かせたのです

でも、そんな日本に対して
ヨーロッパ諸国は
イギリスは香港の九龍半島と威海衛、フランスが広州湾
ドイツが青島(膠州湾租借地)、
ロシアが旅順と大連を租借地として
それぞれ要塞を築いて東アジアの拠点としたのです
こうして清国は、半植民地となって
ますます衰退していったのです

でも、その反面、ロシアはどんどん勢力を強め
中国、大陸に利権がある
イギリス、フランス、ドイツにとって
大きな脅威になりました
ロシアは、南下政策を強め
イギリス、フランスの勢力圏も
侵されそうになっていたのです

そこでイギリスが、目を付けたのは
新興が著しい日本でした
日本を唆して
日本を援護して、ロシアと戦わせ
中国の長江流域を守ろうとしたのです

しかし明治の日本は、そのイギリスの策略を理解していました
大陸に何も利権がない日本は
ロシアと戦う必要性はありませんでした
満州を手にしたロシアが、朝鮮を狙い
清国から朝鮮を奪うのは
もう確実ですが
それでも日本は、一国でロシアと戦争する事は避けました
英国からは、日英同盟の要請がありましたが
それでも日本一国で、ロシアと戦う事はしようとはしなかったのです






●人生で成功するナビ"素質分析カルテ"●
人間関係向上・人間関係ストレス軽減ツール
パソコン用
http://www.geocities.jp/ennohana/1sositugakutuuru.htm


●●●●●●●●●●●●●●●
人間関係向上ストレス軽減ツール
携帯用
http://sositsu.keitailife.biz/iwa/
素質分析カルテ・岩谷正
●●●●●●●●●●●●●●●

あなたの夢が実現してしまう
魔法の力
誘導瞑想CD
心呼吸(しんこきゅう)
http://www.infocart.jp/t/10801/ennohana/

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズは、メルマガを通して
私とのご縁のある人が、ますます幸せになる為に、
いろんな情報を、お届けしています
しかも、情報をお届けするだけでなく、読者の皆さんに
具体的に幸せになれる手段、ご縁を提供するつもりですし
一人でも、多くの皆さんを、新しい時代、ユビキタス社会に
お連れすることを、目標にしています
また、その為に、最新のビジネス情報もお届けしますが
それだけでなく、皆さんが、究極の幸せになれるために
すべての魂を癒す。あるすごいエネルギーも、届けています
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


このメルマガを是非、皆さんの知人、友人にご紹介下さい
メールで、どんどん、送ってあげて下さい
メルマガ読者登録は、こちらからお願いします
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズ
メルマガ申し込み・解除 PCサイト
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=3



今がますます幸せだと気がツクにはシリーズのメルマガ
携帯にも送れるようになりました
是非、携帯からお読み下さい
携帯、申し込みサイトから申し込んで下さいね
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=4


今がますます幸せだと気がツクにはシリーズの
メルマガに関して、感想、質問、ご意見があれば
どんなことでも、結構です
いつでも、誰でも、遠慮なく、お問い合わせ下さいね
必ず、ご返事します
https://www.form-answer.com/applications/B9DWB



今がますます幸せだと気がツクにはブログサイトでは
どんどんブログ書いていますよ
 http://ennohana.seesaa.net/


縁の花 トップページ 
http://www.geocities.jp/ennohana/


縁の花 携帯サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/keitaiennohana/indexennohana.htm




縁の花で、ご縁を持たせて頂いた人達の本を、ご紹介しています。
○縁の花書店PC版サイト○ 
http://astore.amazon.co.jp/ennohana-22



縁の花村情報サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/ennohanamurajo/ennohanamura.htm



●人生で成功するナビ"素質分析カルテ"●
人間関係向上・人間関係ストレス軽減ツール
パソコン用
http://www.geocities.jp/ennohana/1sositugakutuuru.htm


●●●●●●●●●●●●●●●
人間関係向上ストレス軽減ツール
携帯用
http://sositsu.keitailife.biz/iwa/
素質分析カルテ・岩谷正
●●●●●●●●●●●●●●●

あなたの夢が実現してしまう
魔法の力
誘導瞑想CD
心呼吸(しんこきゅう)
http://www.infocart.jp/t/10801/ennohana/

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズは、メルマガを通して
私とのご縁のある人が、ますます幸せになる為に、
いろんな情報を、お届けしています
しかも、情報をお届けするだけでなく、読者の皆さんに
具体的に幸せになれる手段、ご縁を提供するつもりですし
一人でも、多くの皆さんを、新しい時代、ユビキタス社会に
お連れすることを、目標にしています
また、その為に、最新のビジネス情報もお届けしますが
それだけでなく、皆さんが、究極の幸せになれるために
すべての魂を癒す。あるすごいエネルギーも、届けています
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


このメルマガを是非、皆さんの知人、友人にご紹介下さい
メールで、どんどん、送ってあげて下さい
メルマガ読者登録は、こちらからお願いします
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズ
メルマガ申し込み・解除 PCサイト
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=3



今がますます幸せだと気がツクにはシリーズのメルマガ
携帯にも送れるようになりました
是非、携帯からお読み下さい
携帯、申し込みサイトから申し込んで下さいね
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=4


今がますます幸せだと気がツクにはシリーズの
メルマガに関して、感想、質問、ご意見があれば
どんなことでも、結構です
いつでも、誰でも、遠慮なく、お問い合わせ下さいね
必ず、ご返事します
https://www.form-answer.com/applications/B9DWB



今がますます幸せだと気がツクにはブログサイトでは
どんどんブログ書いていますよ
 http://ennohana.seesaa.net/


縁の花 トップページ 
http://www.geocities.jp/ennohana/


縁の花 携帯サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/keitaiennohana/indexennohana.htm




縁の花で、ご縁を持たせて頂いた人達の本を、ご紹介しています。
○縁の花書店PC版サイト○ 
http://astore.amazon.co.jp/ennohana-22



縁の花村情報サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/ennohanamurajo/ennohanamura.htm
posted by キク at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 坂の上の雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

503号坂の上の雲」日清戦争で亡くなった英霊が今の日本人に教えてくれている教訓とは2

今が、ますます幸せだと気がツクには503号
坂の上の雲」日清戦争で亡くなった英霊が
今の日本人に教えてくれている教訓とは2
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
しかし、俺が、こんな事を書いても
皆さんの多くは、今の日本が
近い将来、韓国、北朝鮮などの朝鮮半島や
中国に侵攻するなんてありえない
武力を放棄した平和な国日本が
絶対に、そんな事をするはずがないと
信じていると思いますが
俺は、そう思いません

何故なら皆さんもご存じのように
北朝鮮の金正日が死んだり、暗殺されたり
軍部がクーデターを起こして
北朝鮮に内乱がおきたりする事は
いつ起きても不思議ではないからです
これは荒唐無稽の話ではないのです

しかもその時に、北朝鮮の国が崩壊する可能性も高いです
難民が、中国、韓国、日本に押し寄せる事も
予想できます
その時は、韓国、中国、日本は
大きなパニックになる事は間違いないです
特に中国は、押し寄せる北朝鮮の難民に容赦なく
襲撃を加える可能性があるのです

またその時に、中国が、難民対策を口実に
北朝鮮の友好国として
ウランやレアメタルなどの資源や
安い労働力を持っている
北朝鮮を占領しようとしたら
韓国、米国も黙っていない可能性も高いです
特に、韓国は、同じ民族である北朝鮮が
中国の支配下になる事は
絶対に認めないと思います


なので、その時に、米国、韓国が、日本にも
北朝鮮の難民対策を口実に
朝鮮半島に入る事も求めるかもしれません
経済力のない米国、韓国は
日本のお金を得るために
絶対に、日本を巻き込もうとする可能性は高いです
日本の自衛隊も、最初はPKO国連平和維持活動という形として
朝鮮半島に入るかも知れないのです

ただ、これに関しては
核兵器を持っている中国に対して
どこまで、日本、韓国、米国が
本気で争うかは
分からないので
何とも言えないと言うのが
正直な気持ちです
でも、北朝鮮、朝鮮半島は
何が起きても不思議ではない
この事だけは、間違いないと思うのです

また、もう一つのシナリオ、中国の分裂も考えられます
これは世界の中で、一国だけ一人勝ちしていると言われている
今の中国経済のバブル景気が
噂されているように崩壊して
それに遂に激怒した
貧富の差が激しい
貧しい多くの中国人民が反乱を起こしたら
一党独裁の共産党政権は、あっと言う間に崩壊して
中国は、北京政府、上海政府、満州政府というように
何カ国に分裂するかも知れないと言うものです

しかも一説では、7カ国程度分裂するのではないかと言われています
というのも今でも、中国は、中央の力は思った程は大きくなく
地方の軍は、軍閥として、実際に存在していると言われています
なので、中国は動乱が起こると、昔の中国の歴史で分かるように
三国史の時代のように、義、呉、蜀のように
別れる可能性もあります
そうでもしないと、人口が多すぎて
一つの国としては維持するのは難しいのです

でも、中国が分裂したら
中国人のクーデターで
中国内で、内乱が起きたら
中国が、核兵器を使う事ができなくなったら
日本は、米国を牛耳っている影の政府に
うまく利用されて
再び、中国に入るように唆させられるかも知れません

米国は、自国の国民を守っても
日本人までは守れない
日本人は、日本の国益は
日本国で守ってくれと言われたら
厭だと言えない可能性もあるのです

その上その時に、米国や韓国との利権争いに巻き込まれ
日本も、中国の上海政府とか、満州の政府と言う
一部の中国の政府と手を結ぶことを考える可能性もあります
米国は北京政府と
韓国は上海政府と手を握ったら
日本は、満州に行く事になるかもしれません

安い労働力、何億人もの市場を得ないと
日本は韓国、米国、ロシア、EC諸国から
取り残されるという事で
再び、中国に進出する事もあります
いろんな事が想定できるのです

だけど日本は、欧米諸国や
日本の一部の政財界、マスコミに煽られても
大東亜戦争の時の悲惨な悲劇
満州国、中国での日本人の悲劇や
過去の英霊達の尊い犠牲を思い出して
平和憲法と呼ばれる九条の
他国を絶対に侵略しないという法律を堅持して
中国には入ってはいけないと
俺は確信しています
その時は良くても、その後にすぐに起こる
大陸国家同士の大きな戦争に巻き込まれて
再び、悲惨な結果が待っている気がするのです


だから、日本は、朝鮮や中国で大きな動乱が起きたら
大東亜戦争で亡くなった尊い英霊、御霊の事を思い出して
過去に大陸に侵攻した事の過ちを認めて
昭和天皇が何故、終戦と言ったのか
国民と再び考えて
すぐに、今のように、経済で海外の国に進出しても
武力は一切使わない
二度と、頼まれても、韓国、中国には進出しないと
米国の影の勢力にも断るべきです

その上で、それを世界の人達が分かるように
宣言すべきです
だって、日本人は、朝鮮、中国に
武力で入る意志は、まったく無くても
朝鮮人、中国人の人達が
歴史の教訓を思い出して
過去の日本人の恐怖から
そう誤解する可能性は高いからです
それを未然に防ぐ事は必要なのです

そして俺は、その事を
今、日本人一人、一人が
骨董無形な話と思わないで
これからのアジアや世界では
本当に何が起きるか分からない
アジアの朝鮮、中国では
大きな動乱が起こる事も覚悟して
真剣に備えないといけないと思っています
それが急務です

何故なら英霊達は、これからの日本の事を
本当に心配してくれていると思いますし
日本が、過去の過ちをしないように、目には見えない形で
応援してくれているとも思います
英霊は、その為に、今存在しているのです
日本の国を、目に見えないけど
確かに存在する彼らに、守って貰う必要があるのです


そしてその為にも、日本人は
まず歴史を学んで
歴史の教訓を心から自覚して
日清戦争、日露戦争で戦った英霊達に
日本は二度と、武力で、大陸に進出しないと
固く誓う事が
英霊達にとって大きな供養になると
俺は考えています
それで、英霊達は、自分達の死は無駄ではなかったと
安心すると思うのです
日本を本気で守ろうという気になると思うのです

なので、俺は、これからの日本を守るには
英霊達に守って貰えるような
いろんな御霊達、八百万の神々が守ってくれる
本当の意味で、神国日本にならないといけないと思います
それが、武力を持つとか、核兵器を持つといった事よりも
一番、大切な事だと信じているのです

是非、多くの英霊についてこい、ついてこい
過去を反省している
英霊達を信じている新生日本国に
ついてこいと言う事で
皆さんと一緒に、これからの時代
何があっても
乗り越えていきたいと思います





●人生で成功するナビ"素質分析カルテ"●
人間関係向上・人間関係ストレス軽減ツール
パソコン用
http://www.geocities.jp/ennohana/1sositugakutuuru.htm


●●●●●●●●●●●●●●●
人間関係向上ストレス軽減ツール
携帯用
http://sositsu.keitailife.biz/iwa/
素質分析カルテ・岩谷正
●●●●●●●●●●●●●●●

あなたの夢が実現してしまう
魔法の力
誘導瞑想CD
心呼吸(しんこきゅう)
http://www.infocart.jp/t/10801/ennohana/

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズは、メルマガを通して
私とのご縁のある人が、ますます幸せになる為に、
いろんな情報を、お届けしています
しかも、情報をお届けするだけでなく、読者の皆さんに
具体的に幸せになれる手段、ご縁を提供するつもりですし
一人でも、多くの皆さんを、新しい時代、ユビキタス社会に
お連れすることを、目標にしています
また、その為に、最新のビジネス情報もお届けしますが
それだけでなく、皆さんが、究極の幸せになれるために
すべての魂を癒す。あるすごいエネルギーも、届けています
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


このメルマガを是非、皆さんの知人、友人にご紹介下さい
メールで、どんどん、送ってあげて下さい
メルマガ読者登録は、こちらからお願いします
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズ
メルマガ申し込み・解除 PCサイト
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=3



今がますます幸せだと気がツクにはシリーズのメルマガ
携帯にも送れるようになりました
是非、携帯からお読み下さい
携帯、申し込みサイトから申し込んで下さいね
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=4


今がますます幸せだと気がツクにはシリーズの
メルマガに関して、感想、質問、ご意見があれば
どんなことでも、結構です
いつでも、誰でも、遠慮なく、お問い合わせ下さいね
必ず、ご返事します
https://www.form-answer.com/applications/B9DWB



今がますます幸せだと気がツクにはブログサイトでは
どんどんブログ書いていますよ
 http://ennohana.seesaa.net/


縁の花 トップページ 
http://www.geocities.jp/ennohana/


縁の花 携帯サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/keitaiennohana/indexennohana.htm




縁の花で、ご縁を持たせて頂いた人達の本を、ご紹介しています。
○縁の花書店PC版サイト○ 
http://astore.amazon.co.jp/ennohana-22



縁の花村情報サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/ennohanamurajo/ennohanamura.htm

posted by キク at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 坂の上の雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

502号「坂の上の雲」日清戦争で亡くなった英霊が今の日本人に教えてくれている教訓とは1

今が、ますます幸せだと気がツクには502号
「坂の上の雲」日清戦争で亡くなった英霊が
今の日本人に教えてくれている教訓とは1
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
日清戦争の事で、いろいろ書かせて頂きました
何故、日清戦争が起こったか
どうして日本が、清国に勝てたか
俺なりの意見書かせて頂きました
きっと日清戦争で亡くなった日本、清国の英霊達
明治の日本人の御霊や、清の時代の中国人の御霊も
喜んで頂いたと思います

さて、そんな日清戦争ですが
今から俺は、一部の皆さんには
非難される事を覚悟で
日清戦争が教えてくれた教訓
あの日清戦争を命がけで戦った英霊達が
後世の我々日本人に何を教えてくれているのか
それを皆さんに書かせて頂きたいと思います
それを書けば、皆さんの中で
批判する人がいる事を承知で書きたいのです

というのも、俺は、日清戦争、いえ日露戦争でも同じですが
それで戦った英霊が、一番教えてくれた事は
日本人は、もう二度と朝鮮、中国の大陸に
進出してはいけない
特に、武力による侵攻はしてはいけないと言う事だと
確信しているからです

言い換えるなら、あの時、日本が
日清戦争をして、朝鮮に侵攻したのは
間違いだったと思っているのです
日本は、絶対に、朝鮮半島には
例え、朝鮮が、ロシアの植民地にやがてなったとしても
いえ、あの時代、日本が立たなかったら
間違いなく、朝鮮は、ロシアの植民地になったと断言できますが
それでも、日本は、朝鮮に入るべきではなかった
朝鮮国、朝鮮人の意志に任せて
朝鮮から、頼まれないかぎり軍隊は出すべきではなかった
例え出したとしても、戦争が終わったら
すぐに、兵は引いて、日本軍は、朝鮮半島から撤退すべきだった
朝鮮に、経済、企業間の貿易以外では
利権は求めたら行けなかったと思うのです

何故なら、日本は地政学
大陸に侵攻しても
戦争に勝って、日清戦争、日露戦争の時のように
大陸に少しは利権を得ても
長い目で見たら、必ず大陸国家との戦いに負けて
大東亜戦争の時のように
たった1回の敗戦で
すべてを無くしてしまう事になるからです
それが、海という天然の堀に囲まれている
大陸と繋がっていない日本の宿命なのです

また、それは日本と同じように
海で囲まれている英国とフランスで考えても
分かると思います
英国も、百年戦争などで
大陸であるフランスに領地を得ましたが
どんなに戦は強くても
最後は、17歳の少女ジャンヌ・ダルクが彗星のように現れて
奇跡的な大勝利を収められて
最後は追い出してしまったように
必ず、英国は、何回か歴史で見ても
フランスやドイツのような
大陸国から追い出されてしまったのです

だって地理的に考えたら
海に隔たれている島国英国は、大陸と比べたら
人口が少なく、援軍を送るのにも大変で
軍を簡単に出せる、人口が多い大陸国家フランスよりも
圧倒的に不利だったからです
だから、産業革命に成功して
世界中に、植民地を得た時の英国でさえ
ヨーロッパ内に、領地を得る事はできなかったのです

しかも、それを日本と、中国、ロシアで考えたら
地政学的な不利は、英国とフランスの関係よりも
はるかに日本にとっては不利になります
中国、ロシアは、日本よりも人口が遥かに多いですし
ドーバー海峡と日本海では
距離的にも、遥かに日本海の方が遠いのです

なので、戦争に勝利して
軍を駐留させて
満州までとっても
その事を絶対に納得しない中国とは
絶対に和解する事はできませんでした

常に緊張感、対立はしていて
歴史が証明するように
やがて、中国との日中戦争に巻き込まれ
泥沼の戦争になって抜け出せず
太平洋戦争も起こると疲弊して
満州の軍を南方の島々に次々と送り
満州軍の兵力が落ちると
虎視眈々と狙っていたソ連軍に
突然に攻め込まれると
一気に大陸から追い出され
民間人の多くを犠牲にしてしまいました
日本軍は、ソ連の侵攻で
2、3日もがんばれなかったのです
それで日本が、日清戦争から
長年築き上げたものを
見事に無くしてしまったのです

ですから俺は、歴史の教訓として
たぶん、皆さんの多くは
そんな事はありえないと思うかも知れませんが
今の日本も
絶対に、韓国、中国に何があっても
大陸に侵攻すべきではないと思います

というのも例え、韓国が、一部の専門家が心配しているように
米軍が撤退した後
中国の圧力、武力で
中国の属国になろうとしても
日本は、それを防ぐために
韓国に入ってはいけません
ほっておくべきです

韓国人の人達の選択に任せるべきであって
例え、中国が、韓国に攻め込んで来ても
韓国人が戦わないかぎり
いえ、韓国の要請があって
その時日本政府は、急遽、法律を改正して
韓国を援護する事があっても
それが終わると日本は、韓国、朝鮮に、軍を撤退させて
利権を得てはいけないと思うのです
絶対に、例え米軍の要請でも
日本は、朝鮮半島に入ってはいけないのです
その事を、英霊達は、命がけで
歴史の痛い教訓として教えてくれている気がするのです

またそれは、今の時代に行われている
経済的な侵攻でも同じです
日本の企業は、中国にどんどん入りましたが
世界中の企業は、中国に入りましたが
今、いろんな問題が起きています
それで、昔、日本企業の多くが、韓国から追い出されたように
中国から追い出される可能性もあります
今の中国の経済がおかしくなったら
反日デモを仕掛けられて
何人か、日本人が殺される事もあり得ます
そうしたら、今の日本企業は
簡単に出ていく可能性もあるのです

ただ、その時でも、日本企業の撤退だったら
経済の膨大な損失だけで
日本人の多くが犠牲にならないのであれは
昔に比べたらましです
どんなに経済的に苦しくても
中国に入った事を反省して
日本は諦めるべきです

でも、その時に日本は
影から米国に脅されて、マスコミを利用されて
日本企業や、日本人を守る為に対抗上
中国に、再び、否応なく
入るような世論
時の勢いがあるかも知れませんが
俺は、それには大反対です

だって、日清戦争、日露戦争の英霊達は
今の日本が、そんな事を絶対にしないように
過去の教訓を生かすように
一時、朝鮮、中国に駐留して
何かの利権を得ても
やがて大きな戦争に巻き込まれて
核戦争で、日本民族滅亡とならないために
その為に、あの時に戦争して
亡くなってくれたと思うからです
いえ、今、英霊達は
その事を一番願っていると思うのです



●人生で成功するナビ"素質分析カルテ"●
人間関係向上・人間関係ストレス軽減ツール
パソコン用
http://www.geocities.jp/ennohana/1sositugakutuuru.htm


●●●●●●●●●●●●●●●
人間関係向上ストレス軽減ツール
携帯用
http://sositsu.keitailife.biz/iwa/
素質分析カルテ・岩谷正
●●●●●●●●●●●●●●●

あなたの夢が実現してしまう
魔法の力
誘導瞑想CD
心呼吸(しんこきゅう)
http://www.infocart.jp/t/10801/ennohana/

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズは、メルマガを通して
私とのご縁のある人が、ますます幸せになる為に、
いろんな情報を、お届けしています
しかも、情報をお届けするだけでなく、読者の皆さんに
具体的に幸せになれる手段、ご縁を提供するつもりですし
一人でも、多くの皆さんを、新しい時代、ユビキタス社会に
お連れすることを、目標にしています
また、その為に、最新のビジネス情報もお届けしますが
それだけでなく、皆さんが、究極の幸せになれるために
すべての魂を癒す。あるすごいエネルギーも、届けています
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


このメルマガを是非、皆さんの知人、友人にご紹介下さい
メールで、どんどん、送ってあげて下さい
メルマガ読者登録は、こちらからお願いします
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズ
メルマガ申し込み・解除 PCサイト
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=3



今がますます幸せだと気がツクにはシリーズのメルマガ
携帯にも送れるようになりました
是非、携帯からお読み下さい
携帯、申し込みサイトから申し込んで下さいね
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=4


今がますます幸せだと気がツクにはシリーズの
メルマガに関して、感想、質問、ご意見があれば
どんなことでも、結構です
いつでも、誰でも、遠慮なく、お問い合わせ下さいね
必ず、ご返事します
https://www.form-answer.com/applications/B9DWB



今がますます幸せだと気がツクにはブログサイトでは
どんどんブログ書いていますよ
 http://ennohana.seesaa.net/


縁の花 トップページ 
http://www.geocities.jp/ennohana/


縁の花 携帯サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/keitaiennohana/indexennohana.htm




縁の花で、ご縁を持たせて頂いた人達の本を、ご紹介しています。
○縁の花書店PC版サイト○ 
http://astore.amazon.co.jp/ennohana-22



縁の花村情報サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/ennohanamurajo/ennohanamura.htm
posted by キク at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 坂の上の雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

501号「坂の上の雲」日清戦争はどうして起きたか2

今が、ますます幸せだと気がツクには501号
「坂の上の雲」日清戦争はどうして起きたか2
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
しかし、明治になって
近代化の道に、アジアで唯一進み始めた日本
世界から見たら、小さい国明治の日本は
朝鮮国、清国が自ら近代化しようとするのを待ちました
それは、その当時の日本が
とても外国と戦争する力がなかったと言う事も
大きな原因です

でも日本は、同じアジア諸国で
お隣の国として、長い間親交のあった
朝鮮国、清国とは
力を合わせて、共に近代化して
日朝清三国で、欧米の脅威を跳ね返したかったのです
それが江戸時代から、島津斉彬などの日本の要人が
願っていた事だったのです

それに、日本民族としても
今までいろんな事を教わった事で
恩を感じているので
戦争という事はしたくなかったのだと思います
後で、民族同志で憎しみ合う事は
避けたかったのです

でも、朝鮮で言えば
明治6年の西郷隆盛の征韓論から始まって
明治8年の日朝修好条規が調印
朝鮮国の開国
壬午事変・甲申政変
などの歴史事件が起きても
自ら変革しようとはしませんでした

また、これは俺自身残念ですが
歴史的に仕方なかったと思いますが
日本も、それらの事件で
欧米と同じように
武力で脅すようなこともしています
特に日朝修好条規を調印する時には
ペリー将軍を真似て
砲艦外交をしています
そうしないといつまでも
日本を相手にしようとしない朝鮮とは
国交を結ぶ事はできなかったのです


でもそれでも、日本は基本的には
戦争という手段はとろうとはせず
朝鮮人の人達、中国人の人達が
近代化に目覚める事を信じてまっていました

何故なら、明治政府の中心人物は
自分達が、志士として
幕府を倒した経験があったからです
自分達ができたのだから
朝鮮国、中国の人達も
今の古いシステムの政府、李氏朝鮮や清国を
自らの力で倒せると思っていたのです

でも朝鮮、清国には
一部しか志士と呼べるような人は現れませんでした
国内で、大きな勢力にはなれず
孫文のように、日本国内や外国に
亡命して逃れていたのです

だから明治の志士達が次に考えたのは
いくら待っても、朝鮮、清国の国民が
古い政府、江戸幕府を倒せないのであれば
自分達が、日本が倒すしかないという事でした
欧米、特に北のロシアの脅威は
どんどん大きくなってきていて
時間がもうなかったのです

それで、時の明治政府は
とうとう明治27年に、清国と戦争をしても
朝鮮から清国を切り離し
朝鮮を近代化させようとしました
いつまでも、朝鮮が、清国の属国
植民地になっていたら
やがて、ロシアと清国が戦争になった時に
清仏戦争の時に、ベトナムがフランスに割譲されたように
負けた清国は、ロシアに、朝鮮は割譲することになる
朝鮮が、ロシアの植民地になったら
日本も植民地にされるという恐怖が
日本に決断させたのです

また、日本のマスコミや福沢諭吉などの著名人や
日本国民の多くも、それを支持しました
その当時の日本人は
朝鮮を侵入するという意識はまったくなく
昔の江戸幕府のような古い体制
李氏朝鮮、清を倒して
朝鮮人、中国人を解放しよう
そう思ったのではないか
俺は、そう思うのです

しかし、マスコミにそう先導されて
日本国民は、熱烈に清との戦争を支持したとしても
日本が、清国と戦争するのは
大変な事でした
明治天皇や、慎重な伊藤博文首相、知識人の中に反対する人も
多かったです
日本が、大国、清国と戦って
勝てる保証はなかったからです


というのも、清国は、日本よりも遥かに人口が多く
経済力もある大国でした
その上に、欧米諸国に、眠れる獅子と恐れられている
潜在力もありました
日本の軍部の人達も、短期決戦なら勝てても
長期戦で勝てるとは思っていなかったのです

しかも日本が、清国に負けたら
戦争に疲弊した日本に
虎視眈々と狙っている
欧米が迫ってきたらどうなるか
その事を
真剣に憂いている人達も
伊藤博文首相のようにいたのです


でも、日本はそれでも日清戦争をしました
これは、ある意味では、日本の軍部、優秀な川上操六参謀次長や
外務省のカミソリ大臣と言われ
死期が迫っているのを覚悟していた陸奥宗光が
今後の日本の為に、命がけで決断した執念で
強力に先導した事に
明治の日本が引きずりこまれた感じですが
清国とは話し合いができない以上
時の勢いを誰も止める事が出来なかったのです

しかし、いざ戦ってみると
日本は勝ちました
清国の軍隊は、本当に弱かったです
朝鮮の人達は、自国の事なのに
まったく戦おうとはせず
戦は、日本対清国で戦われましたが
坂の上の雲で描かれたように
清国の軍隊は、士気が低く
苦戦を予想された旅順も
一日で落ちたのです

でも、日本人は、それで清国
中国を戦の弱い民族、ダメな民族と誤解しました
後に、大東亜戦争に負けると言う大きな悲劇を生む
事になるのです

何故なら日本が、清国に勝てたのは
日本民族が、特に優れていたからではなく
近代化に成功した軍隊と、まだまだ近代化できなかった軍隊の差でした

要するに、日本は、日本が欧米の植民地にならない為に
日本国民全体、国民軍として戦ったのに対して
清国の軍隊は、傭兵でした
お金も貰って戦う軍隊で
士気は高くなかったのです

その上に、日本は、一国として戦ったのに対して
清国は、一国として戦おうとはしませんでした
あくまでも、清国の北側で戦われている戦争だったのです
一枚岩として戦う事ができなかったのです

なので、あのまま戦いが長引いたら
弾薬なども不足出した日本は
負ける可能性もありましたが
弱いと思っていた日本の強さに驚いていた清国と
英米の和平仲介によって
清の全権李鴻章と伊藤博文、陸奥宗光外相の間で
下関で停戦が決まりました

4月17日に 日清講和条約が調印されて
日本は、清国に勝ち、朝鮮を独立国と認めさせ、
台湾と遼東半島を得て
賠償金も2億両(テール:約3億円)を獲得できたのです




●人生で成功するナビ"素質分析カルテ"●
人間関係向上・人間関係ストレス軽減ツール
パソコン用
http://www.geocities.jp/ennohana/1sositugakutuuru.htm


●●●●●●●●●●●●●●●
人間関係向上ストレス軽減ツール
携帯用
http://sositsu.keitailife.biz/iwa/
素質分析カルテ・岩谷正
●●●●●●●●●●●●●●●

あなたの夢が実現してしまう
魔法の力
誘導瞑想CD
心呼吸(しんこきゅう)
http://www.infocart.jp/t/10801/ennohana/

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズは、メルマガを通して
私とのご縁のある人が、ますます幸せになる為に、
いろんな情報を、お届けしています
しかも、情報をお届けするだけでなく、読者の皆さんに
具体的に幸せになれる手段、ご縁を提供するつもりですし
一人でも、多くの皆さんを、新しい時代、ユビキタス社会に
お連れすることを、目標にしています
また、その為に、最新のビジネス情報もお届けしますが
それだけでなく、皆さんが、究極の幸せになれるために
すべての魂を癒す。あるすごいエネルギーも、届けています
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


このメルマガを是非、皆さんの知人、友人にご紹介下さい
メールで、どんどん、送ってあげて下さい
メルマガ読者登録は、こちらからお願いします
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズ
メルマガ申し込み・解除 PCサイト
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=3



今がますます幸せだと気がツクにはシリーズのメルマガ
携帯にも送れるようになりました
是非、携帯からお読み下さい
携帯、申し込みサイトから申し込んで下さいね
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=4


今がますます幸せだと気がツクにはシリーズの
メルマガに関して、感想、質問、ご意見があれば
どんなことでも、結構です
いつでも、誰でも、遠慮なく、お問い合わせ下さいね
必ず、ご返事します
https://www.form-answer.com/applications/B9DWB



今がますます幸せだと気がツクにはブログサイトでは
どんどんブログ書いていますよ
 http://ennohana.seesaa.net/


縁の花 トップページ 
http://www.geocities.jp/ennohana/


縁の花 携帯サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/keitaiennohana/indexennohana.htm




縁の花で、ご縁を持たせて頂いた人達の本を、ご紹介しています。
○縁の花書店PC版サイト○ 
http://astore.amazon.co.jp/ennohana-22



縁の花村情報サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/ennohanamurajo/ennohanamura.htm

posted by キク at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 坂の上の雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

500号「坂の上の雲」日清戦争はどうして起きたか1

今が、ますます幸せだと気がツクには500号
「坂の上の雲」日清戦争はどうして起きたか1
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
新大河ドラマ「坂の上の雲」で
俺がどうしても皆さんに
お伝えしないといけない事があります
それは、どうして日清戦争、日露戦争は起きたかです

また、その日清戦争、日露戦争が勝った日本が
最後は、どうして大東亜戦争を起こして
何故、多くの国民、兵隊を見殺しにして
裸一貫で、大陸から日本列島に逃げる事になったのか
その事で、我々今の日本人は、何を一体学ばないといけないのか
これだけは、どうして書かせて頂きたいと思います
これから日清戦争、日露戦争を戦った
日本、清(中国)、ロシアの兵士
三国の英霊達に、今から俺について貰う為にも
俺は、書かせて頂きたいのです

それで、まずは日清戦争から書かせて頂きたいのですが
日本と清、朝鮮の事で
まず理解しないといけないのは
その地理的位置です
というのも、海と言う天然の堀で守られていた日本は
大国だった中国の国や、朝鮮国と
二千年の歴史の大半は友好的にやっていました

でも時には、一時の唐や元と言う大国と不仲になっていた時は
戦争を経験しました
白村江の戦い、元寇、秀吉の朝鮮侵攻です
特に、元寇の場合は、朝鮮を占領すると
その朝鮮に命令して、日本に侵略させました
元軍が乗っていた船は、朝鮮人の人達が造ったものだったのです

だから日本人は、朝鮮国が、敵対する事を
昔から恐れていました
朝鮮が敵国の支配下になると
日本に攻め込まれる可能性が生まれる事を
経験で知っていたのです
いえ、日本自身が、秀吉の時に朝鮮侵攻して
朝鮮の人達に、酷い事をしている経験があるので
仕返しが怖かったですし
本気になったら、簡単に、玄界湾を通って
簡単に、上陸できる事を知っていたのです


しかもそれは、今も同じです
だって北朝鮮の拉致事件、ミサイル、核兵器の問題で
今も日本人は不安を持っているからです
これが日本にもっと近い韓国がそうだったら
どうだと言えば
皆さんにも理解して貰えると思います
日本が、北朝鮮、韓国を恐れるのは
本能的なものなのです

その上に、それは軍人の専門家で
外国人であるマッカーサー元帥さえ
理解してくれた事です
後に、朝鮮戦争が起きた時に
日本に駐在していたマッカーサー元帥は
日本に一番近い国、韓国、朝鮮が
日本の敵国になる事の脅威を
認めてくれています

あの当時の日本が、満州などの大陸に侵攻したのは
自国を守る自衛の必要からだと
戦後、弁護してくれているのです

しかしそんな日本にとっては
地理上、もっとも大切な朝鮮国ですが
長年、清国の属国として存在して
欧米の脅威、弱肉強食
アジア諸国が、次々と植民地にされ
自国も危険になっていたのに
本当に無頓着でした
清国が、アヘン戦争なので負けて
もう大国とはいえなくなっているのに
清国に頼って、近代化などしようとはしなかったのです
いえ、それが、アジア諸国の殆どがしていた事だったのです

でも、その中で、アジアの一番端にあった日本だけは違いました
日本は、ペリーの来航で、欧米の威力を肌と知ると
多くの志士が立ち上がり
旧態だった時の日本の政府、江戸幕府を
自らの力で倒して
明治政府を誕生させると
明治維新と言うアジア諸国で唯一の産業革命を
起こそうとしました
欧米に、対抗できる武力や政治のシステムを
持とうとしたのです

だけど、司馬遼太郎先生が指摘するように
そんな欧米から
猿と呼ばれて、内心馬鹿にされている国
何でも、欧米の真似をしようとする
滑稽な漫画だと思われていた日本は
同じアジアの国、朝鮮、清国からも軽蔑されて
まったく相手にされませんでした
結果的には、日本人が正しかった事は
歴史で証明されていますが
変な民族だと思われていたのです

ただ、これは、皆さんに誤解して欲しくないのは
日本人が優れていて
朝鮮、中国の人達が劣っているという事ではありません
今の韓国の人達が、日本が誇っていた世界の家電メーカー
パナソニックやソニーを凌ぐ、三星という企業を
わずかの間で作り上げた韓国や
今や、世界で第2番目だった経済大国を
わずかの間で抜こうとして中国を
まじかに見ている日本人なら分かると思います
朝鮮の人達、中国の人達も優秀な民族なのです

ただ、それでも一説では
欧米の武力、蒸気船を見た時に
これはとても追い付けないと諦めたアジア人の中で
戦国時代、わずかの間で、鉄砲という武器を
ヨーロッパの人達よりも
遥かに多い数持った経験があった日本人だけは
いくつか追い付けるとイメージしたと言われていますが
俺は、それよりもアジア、朝鮮、中国の人は
欧米の人達を野蛮人だと軽蔑したのだと思います

だって、皆さんも
突然、自宅に押し掛けて
武力で脅したり
何でも力で脅す人達
そんな民族の文化を学ぼうとするかと言えば
軽蔑して、素直に学ぼうとは思わないと思うからです
例え、彼らが、武力、科学で進んでいる事が分かっても
その文化、文明を真似する気にはなれないと思うのです

しかし、世界の常識は、日本の非常識と言われる
少し変わった日本という国は違いました
アジア諸国、朝鮮、中国に軽蔑されながらも
それを止めようとはしませんでした
気が狂ったように、近代化の道に邁進したのです

また、そんな明治の日本にとっては
逆に、いつまでも近代化しようとしない
朝鮮、清国は、全然理解できませんでした
欧米の脅威は、時が経過すればするほど迫ってきます
特に、清国とは、陸地で繋がっている強国ロシアは
シベリアという寒冷地を抜けて
北から清国、朝鮮に迫って来ていました
このままでは、ロシアと清国は領地を巡って戦争になり
朝鮮は、ロシアの植民地になる事は
誰にでも判断できていたのです

だけど、朝鮮も清国も
日本がいくら言っても、近代化をなかなかしようとはしませんでした
儒教の精神で支配されている中国、朝鮮から見たら
日本国は、あくまでも弟です
中国が親で、朝鮮が兄、日本はその二人から
ずっといろんな事を先生として学んできた弟子です
日本が、実際に近代化して来ても
そこから何かを学ぼうとはしなかったのです


●人生で成功するナビ"素質分析カルテ"●
人間関係向上・人間関係ストレス軽減ツール
パソコン用
http://www.geocities.jp/ennohana/1sositugakutuuru.htm


●●●●●●●●●●●●●●●
人間関係向上ストレス軽減ツール
携帯用
http://sositsu.keitailife.biz/iwa/
素質分析カルテ・岩谷正
●●●●●●●●●●●●●●●

あなたの夢が実現してしまう
魔法の力
誘導瞑想CD
心呼吸(しんこきゅう)
http://www.infocart.jp/t/10801/ennohana/

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズは、メルマガを通して
私とのご縁のある人が、ますます幸せになる為に、
いろんな情報を、お届けしています
しかも、情報をお届けするだけでなく、読者の皆さんに
具体的に幸せになれる手段、ご縁を提供するつもりですし
一人でも、多くの皆さんを、新しい時代、ユビキタス社会に
お連れすることを、目標にしています
また、その為に、最新のビジネス情報もお届けしますが
それだけでなく、皆さんが、究極の幸せになれるために
すべての魂を癒す。あるすごいエネルギーも、届けています
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


このメルマガを是非、皆さんの知人、友人にご紹介下さい
メールで、どんどん、送ってあげて下さい
メルマガ読者登録は、こちらからお願いします
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズ
メルマガ申し込み・解除 PCサイト
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=3



今がますます幸せだと気がツクにはシリーズのメルマガ
携帯にも送れるようになりました
是非、携帯からお読み下さい
携帯、申し込みサイトから申し込んで下さいね
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=4


今がますます幸せだと気がツクにはシリーズの
メルマガに関して、感想、質問、ご意見があれば
どんなことでも、結構です
いつでも、誰でも、遠慮なく、お問い合わせ下さいね
必ず、ご返事します
https://www.form-answer.com/applications/B9DWB



今がますます幸せだと気がツクにはブログサイトでは
どんどんブログ書いていますよ
 http://ennohana.seesaa.net/


縁の花 トップページ 
http://www.geocities.jp/ennohana/


縁の花 携帯サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/keitaiennohana/indexennohana.htm




縁の花で、ご縁を持たせて頂いた人達の本を、ご紹介しています。
○縁の花書店PC版サイト○ 
http://astore.amazon.co.jp/ennohana-22



縁の花村情報サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/ennohanamurajo/ennohanamura.htm

posted by キク at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 坂の上の雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

499号坂の上の雲の御霊達、龍馬伝の御霊達ついてこい、ついてこい、俺についてこい

今が、ますます幸せだと気がツクには499号
坂の上の雲の御霊達、龍馬伝の御霊達
ついてこい、ついてこい、俺についてこい
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
大河ドラマ「龍馬伝」も気が付いたら
もう4話を経過しました
でも俺は、録画したものは見ていますが
まだ、龍馬伝に関して、いつものように
書かせて頂く事はできません
坂の上の雲も、まだ書かせて頂きたい事が
残っています
とても「龍馬伝」に対して
いつ書かせて頂ける事になるか分からないのです
俺の大河ドラマの解説を楽しみにして頂いている皆さまに対しては
もう少し、気長に待って頂きたいと思います

また、大河ドラマに関してですが
俺は、2010年からは少し書く方針を
変えさせて頂きたいと思っています
というのも、今までは、2007年の「風林火山」
2008年の「篤姫」
2009年の「天地人」
と書かせて頂きましたが
その目的の一つは
その当時の人達、御霊達の思いを想像して
その思いを、文章で表現する事で
皆さんに、一つの形として伝えて
皆さんと俺で、供養、成仏させて頂く事でした
済度させて頂く事が、目的だったのです

しかし、2012年12月23日
物質文明から精神文明に移り変わる予定が
今の済度の状態では、難しいと言う霊言がでました
俺は、今の済度の状態をよくしないといけません
急がないといけなくなったのです
後3年もないのです

だから、坂の上の雲や龍馬伝に関しては
御霊達の思いを分かって、表現する事は
あまり皆さんに書くことは控えたいと思います

何故なら、そういった御霊の思いを表現するのは
きりがない程たくさんあって
とても全部表現できるものではないからです

しかも、それらはすべて過去の事です
過去の思いです
そう言った思いを
御霊達が、皆さんに分かって欲しいと
心から願っているわけではありません

だって、兵糧攻めで、食べ物がなく、餓死した城兵の空腹感や
鉄砲で撃たれた兵士達の痛みや
あの時に、長篠の戦で亡くなった武将の気持ちや
あの時に亡くなった信玄公の無念さや
あの時期の山本勘介がどう考えていたか
そういった事は、想像できても
絶対に、あの当時、共に生きた人達でないと
本当の気持ちは分からないからです
空腹も、戦も経験した事のない
今の我々には不可能なのです

なので、御霊達が望んでいるのは
分かろうとする気持ちです
こうだったのではないか
想像する事で、イメージする事で
過去の人達と、心のチャンネルを
合わせて欲しいのです
今の我々に縁を持って欲しいのです

そして俺や皆さんと縁ができた
過去の御霊達が
本当に望んでいる事は
皆さんに、過去の自分達を知って頂く事で
自分達をイメージして貰う事で
今を一緒に、一緒に生きる事ですし
これから始まる
人類が、物質文明から精神文明に移り変わると言う大ドラマ
いえもっとすごい、地球という魂の学びの惑星で始まる
日月神示でいう3千世界が一度に開くと言う
超大ドラマに参加する事です
それが済度のドラマです

すなわち、自分達と同じように、過去に縛られて
霊界に帰る事ができない霊達、
宇宙全体の那由他と言う無限に存在を救うという
宇宙が何回も誕生した以来
たった1回の超、超大ロマンのお祭りに参加する事です
御霊達は、過去ではなく、今、未来を
皆さんと共に一緒に生きたがっているのです

だって御霊達が、過去に、本当に辛い思いをしてまで
霊として、この世、宇宙に留まって
何百年、何千年、何万年、何億、
宇宙が誕生してからの百億年と
ずっと待っていたのは
今始まっている済度の超お祭りに
参加する為だったからです
今の地球の時代為だったのです

しかし俺は、皆さんに
うまくその事を伝える事はできませんでした
俺自身、最初からその事を真の目的として
大河ドラマの解説ブログを書いていましたが
なかなか皆さんに、それを伝えさせて頂く事は
難しかったのです
どうしても過去に縛られているという誤解を
与えてしまうのです
御霊達と今を生き、未来を進むと言う事が
難しく理解して貰えなかったのです

それで俺は、今後は、過去の思いはできるだけ
書かないようにしたいと思うのです
しかも、俺は、今度金沢で、済度に参加した時に
すばらしい魔法の言葉を教えて頂きました
それが、「ついてこい、ついてこい」と
俺と何かの縁のある御霊達に、呼びかける事です
今から、本当にすごい魂の活動、済度がんばるから
俺の背景に、俺の身体について来て下さいと
お願いして、ついて貰う事です

ですから俺は、今からは、大河ドラマのブログは
「ついてこい、ついてこい、俺についてこい」
という事を大きな目的にして
書いていきたいと思います
全面的に、御霊達と今を生きることに
そう方針を変更したのです
きっと、その方が、皆さんも理解して
貰えると思います

またそれで、早速ですが
大河ドラマ「坂の上の雲」に関して
一体、どんな御霊達に、ついて貰うかと言えば
主人公の秋山好古、真之兄弟の御霊や正岡子規の御霊や
ドラマに登場する伊藤博文、児玉源太郎、東郷平八郎の御霊達・・・
だけではなくて
明治の日本に生き、大国、清国やロシアを破ると言う
世界史に輝く偉業を成し遂げたすべての明治の御霊達に
ついて貰うつもりですし
龍馬伝でも、坂本龍馬の御霊や海援隊の御霊だけでなく
あの幕末に、薩長土肥対幕府、会津で
倒幕派、佐幕派で
お互いに敵として戦ったすべての御霊や
幕末に生きたすべての御霊に
ついて貰うつもりです

坂の上の雲の明治の時代に生きた御霊達
龍馬伝の幕末に生きた御霊達
ついてこい、ついてこい
今から済度という大ドラマを
多くの魂の同志としようとしている
俺についてこいです

是非、2010年からの
大河ドラマに関する俺のブログ
より一層楽しんで頂きたいと思います



●人生で成功するナビ"素質分析カルテ"●
人間関係向上・人間関係ストレス軽減ツール
パソコン用
http://www.geocities.jp/ennohana/1sositugakutuuru.htm


●●●●●●●●●●●●●●●
人間関係向上ストレス軽減ツール
携帯用
http://sositsu.keitailife.biz/iwa/
素質分析カルテ・岩谷正
●●●●●●●●●●●●●●●

あなたの夢が実現してしまう
魔法の力
誘導瞑想CD
心呼吸(しんこきゅう)
http://www.infocart.jp/t/10801/ennohana/

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズは、メルマガを通して
私とのご縁のある人が、ますます幸せになる為に、
いろんな情報を、お届けしています
しかも、情報をお届けするだけでなく、読者の皆さんに
具体的に幸せになれる手段、ご縁を提供するつもりですし
一人でも、多くの皆さんを、新しい時代、ユビキタス社会に
お連れすることを、目標にしています
また、その為に、最新のビジネス情報もお届けしますが
それだけでなく、皆さんが、究極の幸せになれるために
すべての魂を癒す。あるすごいエネルギーも、届けています
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


このメルマガを是非、皆さんの知人、友人にご紹介下さい
メールで、どんどん、送ってあげて下さい
メルマガ読者登録は、こちらからお願いします
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズ
メルマガ申し込み・解除 PCサイト
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=3



今がますます幸せだと気がツクにはシリーズのメルマガ
携帯にも送れるようになりました
是非、携帯からお読み下さい
携帯、申し込みサイトから申し込んで下さいね
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=4


今がますます幸せだと気がツクにはシリーズの
メルマガに関して、感想、質問、ご意見があれば
どんなことでも、結構です
いつでも、誰でも、遠慮なく、お問い合わせ下さいね
必ず、ご返事します
https://www.form-answer.com/applications/B9DWB



今がますます幸せだと気がツクにはブログサイトでは
どんどんブログ書いていますよ
 http://ennohana.seesaa.net/


縁の花 トップページ 
http://www.geocities.jp/ennohana/


縁の花 携帯サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/keitaiennohana/indexennohana.htm




縁の花で、ご縁を持たせて頂いた人達の本を、ご紹介しています。
○縁の花書店PC版サイト○ 
http://astore.amazon.co.jp/ennohana-22



縁の花村情報サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/ennohanamurajo/ennohanamura.htm
posted by キク at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 坂の上の雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

484号「坂の上の雲」武士達の踏ん張り

今が、ますます幸せだと気がツクには484号
「坂の上の雲」武士達の踏ん張り
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
前号483号で、「武士達に感謝します」で
明治維新以後の武士達の思い、苦悩を紹介しました
日本は、700年続いた武士達の人達の犠牲によって
近代国家になる事が出来たのです

しかし、そんな武士の人達が
明治維新として行われた廃藩置県によって
没落したかと言えば、そんな事はありません
確かに、廃藩置県をされた事で
武士は、藩を無くして全員失業しました
でも、その事をいつまでも恨んで
新しい明治政府を憎んで、死んだと言う訳ではありません
むしろ、大半の武士達は、その事を素直に受け入れると
新しい日本の為に、大いに貢献して暮れているのです

何故なら、確かに藩は無くなりましたが
それで地方の行政が必要なくなったかと言えば
そんな事はありません
いえ、その逆に明治政府は、中央に力を結集する為にも
地方の行政を強化する必要がありました
藩に代わって、県が生まれたのです

しかもその新しい県が必要とした人材は
各藩の武士たちでした
何故なら、今までの江戸時代、ずっと百姓や職人をしていた人は
どんなにその人が、頭が良くても
すぐに地方の役人として力を発揮できるかと言えば
そんな事はありません
行政の経験がないので、即戦力になれないのです

その上に、この当時、百姓の大半は
寺子屋で学んで
文字が読めると言っても
そんなに教育水準が高いと言う訳ではありませんでした
漢字なども、ちゃんと読み書きができて
指示された事は、理解できる能力を持っている知的階級の人達は
この当時の日本には、武士階級の人達しかいなかったのです
今の時代のように、国民の誰もが、同じと言う訳にはいかなかったのです
士農工商という身分の弊害は大きかったのです

だから明治政府は、武士達の失業対策の意味もあって
県や政府の役人として、多くの武士を採用しました
他に、明治の日本には人材がいなかったのです

なので、秋山家でも父である秋山平五郎は
あんな真面目な男もないと言われる性格で
旧藩時代のまじめな勤務ぶりを買われて
県の学務課の小役人として採用されています
簿給で、子沢山の秋山家を給料だけでは
まかなうのは大変だったそうですが
それでも明治の国家に一役人として貢献しているのです

また他にも武士の人達は
警察官になったり、軍人になったりしていますし
この物語の主人公の一人秋山好古は、軍人になる前は
無料で勉強できると言う師範学校に入れる歳になるまで
大坂で、検定試験に合格して、小学校教員になっています
こんな形で、多くの武士が、明治と言う国家に貢献しています
明治になってすぐの日本には、武士の人達でしか力を発揮できなかったのです

その上に、そういった武士の中でも
下級の武士の人達にとっては
遥かに藩に比べても、やりがいがあったと思います
だって、藩の頃は、身分制度は、武士階級にあって
どんなに能力があっても
下級武士に生まれた武士は、下級武士のままでした
大きな出世は望めなかったのです

でも明治になると、時代は一変しました
下級武士でも、学問が出来て、能力があれば
役人として出世できましたし
給料も上がりました
身分を気にする必要はなかったのです

ですから役人になれた下級の武士の人達にとっては
藩から県、幕府から政府に変わった事は
歓迎する事でした
明治政府に対しても、最初は藩を潰されて憎んだとしても
すぐに感謝して、ガンバッテ明治の国を作り上げたと思うのです

また、そんな役人になった武士にとって
明治政府の持つダイナミックさは
大きなエネルギーになりました
士農工商という身分の中では
最高の武士と言っても、世襲制度に縛られて
大きな出世ができなかった下級の武士でも
誰もが、努力したら出世できるという事は
大いに魅力があったのです

まさしく坂の上の雲
明治元年から、10年、20年の頃
青年だった元武士や
その子供達にとっては
藩が消滅して、いち早く武士という身分から
解放された事で
他の百姓、職人、商人よりも
一直線で、飛躍する事ができて
雲の上だけを見る事が出来たのです

なので、この大河ドラマ「坂の上の雲」の冒頭の
ナレーションで言っていたように
この明治に生きた武士達は、ものすごく楽天的ですし
それを理解していないと
この時代は、理解できません
何故、小さな国だった日本が
大国、清やロシアと戦争をするという
歴史的な事件を起こしたのかも
理解できないのです

そして俺は、今、明治という国を
世界から見ても、本当に小さく
一番、産業革命の波が来るのが遅かった日本が
他のアジア諸国の中で、唯一産業革命に成功して
大国だった清や白人の大国だったロシアを
戦争で、堂々と破る事が出来たのは
ひとえに、幕末から明治にかけて生きた
元武士達のがんばり、踏ん張りだったと感謝しています

是非、皆さんも、そんな明治の元武士達
もっと辛いリストラ、廃藩置県で
武士の階級がある日、突然なくなるといった
試練を乗り越えた人達の御霊に
感謝して頂けたら幸せです









●人生で成功するナビ"素質分析カルテ"●
人間関係向上・人間関係ストレス軽減ツール
パソコン用
http://www.geocities.jp/ennohana/1sositugakutuuru.htm


●●●●●●●●●●●●●●●
人間関係向上ストレス軽減ツール
携帯用
http://sositsu.keitailife.biz/iwa/
素質分析カルテ・岩谷正
●●●●●●●●●●●●●●●

あなたの夢が実現してしまう
魔法の力
誘導瞑想CD
心呼吸(しんこきゅう)
http://www.infocart.jp/t/10801/ennohana/

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズは、メルマガを通して
私とのご縁のある人が、ますます幸せになる為に、
いろんな情報を、お届けしています
しかも、情報をお届けするだけでなく、読者の皆さんに
具体的に幸せになれる手段、ご縁を提供するつもりですし
一人でも、多くの皆さんを、新しい時代、ユビキタス社会に
お連れすることを、目標にしています
また、その為に、最新のビジネス情報もお届けしますが
それだけでなく、皆さんが、究極の幸せになれるために
すべての魂を癒す。あるすごいエネルギーも、届けています
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


このメルマガを是非、皆さんの知人、友人にご紹介下さい
メールで、どんどん、送ってあげて下さい
メルマガ読者登録は、こちらからお願いします
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズ
メルマガ申し込み・解除 PCサイト
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=3



今がますます幸せだと気がツクにはシリーズのメルマガ
携帯にも送れるようになりました
是非、携帯からお読み下さい
携帯、申し込みサイトから申し込んで下さいね
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=4


今がますます幸せだと気がツクにはシリーズの
メルマガに関して、感想、質問、ご意見があれば
どんなことでも、結構です
いつでも、誰でも、遠慮なく、お問い合わせ下さいね
必ず、ご返事します
https://www.form-answer.com/applications/B9DWB



今がますます幸せだと気がツクにはブログサイトでは
どんどんブログ書いていますよ
 http://ennohana.seesaa.net/


縁の花 トップページ 
http://www.geocities.jp/ennohana/


縁の花 携帯サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/keitaiennohana/indexennohana.htm




縁の花で、ご縁を持たせて頂いた人達の本を、ご紹介しています。
○縁の花書店PC版サイト○ 
http://astore.amazon.co.jp/ennohana-22



縁の花村情報サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/ennohanamurajo/ennohanamura.htm
posted by キク at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 坂の上の雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

481号司馬史観、乃木希典大将について

今が、ますます幸せだと気がツクには481号
司馬史観、乃木希典大将について
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
前号の480号で、司馬遼太郎先生の司馬史観
と言われるものについて書かせて頂きました
これは、司馬遼太郎先生が、青年だった時に
学徒出陣によって、満州に配属され
22歳で、本土の栃木県佐野市で
終戦を迎えた事で
自ら体験した事が、原点になって
以後、作家として活動する事で
大きなエネルギーになったものです

一言で言えば
陸軍に参加して生まれた陸軍の精神主義嫌いと
敗戦の体験で生まれた
「なぜこんな馬鹿な戦争をする国に産まれたのだろう」
「いつから日本人はこんな馬鹿になったのだろう」との疑問を持ち、
「昔の日本人はもっとましだったにちがいない」
という思いが、司馬史観の一つにあるのです
一つの司馬遼太郎先生の哲学なのです

だから俺自身、それを尊重したいと思いますし
大東亜戦争や、その前の日清、日露戦争でも
日本が持っている精神主義は
絶対に非難されるべきだと思います
司馬遼太郎先生の歴史史観は
あの当時は、情報不足もあって
正しかったと思うのです

しかし歴史は、どんどんいろんな事が分かっています
あの当時は、誤解されていた事でも
今の視点で見れば、見直されると言う事もあるのです

というのも例えば、坂の上の雲でも
大きなポイントになる
日露戦争で活躍した
乃木希典大将の旅順攻囲戦の評価かあります
この旅順攻囲戦で、乃木希典大将率いる第3軍が
膨大な損害を出した事は事実ですし
苦戦した事も事実です

また、この原因の一つとして
乃木希典の作戦に、誤りがあったと言われているのも事実です
あくまでも突撃に拘って出さなくてもいい損害を出したと言うのです

その上に、海軍からの要請のあった
二百三高地を攻撃する決断をするのも遅く
その為に、ロシア軍に、二百三高地の重要性を気付かせて
防御を固めさせてしまった
もっと早く、二百三高地を本気で攻めていたら
簡単に、二百三高地を占拠する事に成功して
そこから観測する事ができる
旅順にいるロシア太平洋艦隊を
砲撃する事に成功して
作戦の大きな目的を果たす事ができたはずだと言うのです
そこから乃木希典大将は、無能だと言う事になったのです
これが、司馬遼太郎先生の司馬史観といわれるものの一つなのです

でも、その乃木希典大将ですが
近年は、その作戦は見直されています
確かに、第一回総攻撃は
旅順要塞の情報、どのくらいの防御があるか良く分からないまま
大本営に攻略をせかされた為
塹壕を敵塹壕まで掘り進み急襲する正攻法を捨て
身体をさらけ出して攻めかかる強襲法を採用した為に
日本軍は戦死5017名、負傷10843名という大損害を出した上に
突破に失敗しました
対する露軍の被害は戦死1500名、負傷4500名だったという事でも
作戦でも大きな失敗だったのです

だけどそれ以降は、正攻法を取って
要塞前面ぎりぎりまで塹壕を掘り進んで
進撃路を確保する戦法に切り替える事で
その上で、最後に白兵戦を仕掛ける戦法で
日本軍だけが、大きな損害出す事はなくなりました
ロシア軍に対しても、第二回総攻撃、第三回総攻撃 で
大きな損害を与えて、追い詰めました

特に、その中でも、第三回総攻撃の中で行われた
二百三高地の攻防戦でも
日本軍は、膨大な損害を出しましたが
第3軍(及び乃木)を助ける為満州軍総参謀長児玉源太郎大将が
旅順方面へ南下すると
「二百三高地を【決戦場】とし露軍に消耗を強い
要塞正面攻略を有利にしよう」と決断すると
総攻撃で見事、二百三高地を落とす事に成功しました
ロシア軍は、二百三高地にうまく誘き出された上で
叩かれて事になるのです

そしてその後は、戦意をなくしたロシア軍に対して
次々と旅順の陣地、保塁を落とすと
旅順要塞を見事に落とす事に成功しました
日本は、膨大な損害を出しましたが
最後まで、乃木希典大将の元で
士気を衰える事はなく
ロシア軍全体に、乃木 の第3軍と言えば恐れられる存在になったのです

しかも、ロシアの視点で見れば
乃木希典大将の率いる第3軍は、
膨大な犠牲を恐れないで戦い
あの旅順要塞を落とした軍という事で
日露戦争の陸軍の関ヶ原の戦いと言われる
奉天会戦でも、
あの乃木 率いる第三軍が来ると言う事で
ロシアに、恐怖で混乱させて
勝利する大きな原因の一つになっているのです

また、この時に乃木希典大将がとった作戦
要塞に対して白兵戦を挑むこと自体は
第1時世界大戦で塹壕戦でも各国とも同じ様な
運用を行っている事からも
他には方法がなかった事は間違いありません
強固な要塞に閉じこもっている軍を攻撃するのは
戦車がなかったこの当時は難しく
ドイツ軍なども、ヴェルダンの戦いでは同じように
ある程度攻撃した後
要塞に対して白兵戦挑んでいます

その上、ドイツ軍は、フランスのヴェルダン要塞を
占領する事に失敗しているのに
乃木希典大将、日本軍は成功しました
日本軍は、自軍の大きな出血に、ギリギリ耐えましたが
ドイツ軍は、耐えられなかったのです

だから、乃木希典大将や日本陸軍が
大量の機関砲(毎分500発のマキシム機関銃)を装備した要塞に対して
白兵戦を挑んだ愚かな軍人と言う事は
今は、否定されています
旅順攻囲戦で、乃木希典大将が
膨大な被害を出した事や
日本の陸軍も、最初に
旅順の重要性に気が付かなかった事など
大いに反省しないといけませんが
乃木希典大将は、坂の上の雲の小説で描かれている程
無能な軍人ではなかったと言うのが
今の歴史的評価なのです

いえ、あの難攻不落の旅順要塞は
乃木希典大将でしか落とす事はできなかった
乃木希典大将は、名将だと言う説さえあるのです
これは、乃木希典大将の名誉の為にも
本当に良かったと思います

また俺は、その事は、乃木希典大将の元で戦った
日露戦争の英霊も大喜びだと思っていますし
司馬遼太郎先生の御霊も
霊界で、喜んでいると思います
是非、皆さんにも、そんな視点で
2011年に、第10回「旅順総攻撃」
第11回「二〇三高地」で放送される事になると思いますが
旅順攻囲戦を見て頂きたいと思います


●人生で成功するナビ"素質分析カルテ"●
人間関係向上・人間関係ストレス軽減ツール
パソコン用
http://www.geocities.jp/ennohana/1sositugakutuuru.htm


●●●●●●●●●●●●●●●
人間関係向上ストレス軽減ツール
携帯用
http://sositsu.keitailife.biz/iwa/
素質分析カルテ・岩谷正
●●●●●●●●●●●●●●●

あなたの夢が実現してしまう
魔法の力
誘導瞑想CD
心呼吸(しんこきゅう)
http://www.infocart.jp/t/10801/ennohana/


このメルマガを是非、皆さんの知人、友人にご紹介下さい
メールで、どんどん、送ってあげて下さい
メルマガ読者登録は、こちらからお願いします
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズ
メルマガ申し込み・解除 PCサイト
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=3



今がますます幸せだと気がツクにはシリーズのメルマガ
携帯にも送れるようになりました
是非、携帯からお読み下さい
携帯、申し込みサイトから申し込んで下さいね
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=4


今がますます幸せだと気がツクにはシリーズの
メルマガに関して、感想、質問、ご意見があれば
どんなことでも、結構です
いつでも、誰でも、遠慮なく、お問い合わせ下さいね
必ず、ご返事します
https://www.form-answer.com/applications/B9DWB



今がますます幸せだと気がツクにはブログサイトでは
どんどんブログ書いていますよ
 http://ennohana.seesaa.net/


縁の花 トップページ 
http://www.geocities.jp/ennohana/


縁の花 携帯サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/keitaiennohana/indexennohana.htm




縁の花で、ご縁を持たせて頂いた人達の本を、ご紹介しています。
○縁の花書店PC版サイト○ 
http://astore.amazon.co.jp/ennohana-22



縁の花村情報サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/ennohanamurajo/ennohanamura.htm
posted by キク at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 坂の上の雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

483号ドラマ「坂の上の雲」武士達の御霊に感謝します

今が、ますます幸せだと気がツクには483号
ドラマ「坂の上の雲」武士達の御霊に感謝します
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
坂の上の雲、第1回「少年の国」は
明治維新が起きた後の伊予松山藩の現状の話から始まりました
この時に、伊予松山藩は、幕府に味方した賊軍の藩として
官軍の土佐藩の保護領に一時されて
「朝廷に降伏せよ、十五万両の償金を朝廷にさしだせ」と言われ
それに従った事で、藩の財政が貧窮して
その松山藩の藩士だった秋山兄弟の父、秋山久敬も
禄を減らさせて
とても家族を養えないような生活をする事になった所から始まったのです
子供達が、満足に飯を食べられない生活
本当に大変だと思います

しかし、それは俺には驚きでした
戊辰戦争で負けた後
負けた幕府や佐幕藩には過酷な仕打ちがされていた事は
少しは知っていましたが
それが、東北だけでなく
四国の松山藩にも及んでいたとは知らなかったのです

しかもそんな松山藩の苦悩は
その後も続きます
明治2年には、廃藩置県が起きて
すべての藩士は、突然紙切れ一枚で失業しました
藩が突然無くなってしまったのです

でも、俺がここで言いたいのは
それは松山藩だけでなく
勝利したはずの薩摩、長州、土佐、肥後の藩士も同じだと言う事です
すべての藩の藩士、武士の殆どが、
ある日、突然、失業してしまったのです
たった一日で、一枚の紙きれで
わずかの家禄奉還金のようなものを貰ったとはいえ
全国の武士の殆どリストラされてしまったのです

その武士の人達の人数が、一体どれぐらいの数いたのか
400万人か、300万人か、それとも100万人なのか
俺には分かりませんが
相当の数の武士が、家族を含めて
路頭に迷う事になったのです
よくそれで、どこの藩の武士も我慢したと思います
きっと各藩の武士達は、主君である殿様を賊軍にしない為に
主君の命を守る為に、耐えがたきを耐えたのだと思います

しかし明治の日本は、その武士達の犠牲によって
大きく前進することができました
俺は、それを絶対に忘れたらいけないと思います
明治の日本は、武士達の犠牲
明治の武士の御霊達のおかげで
農業しか産業を持たない日本と言う真に小さな国家を
近代化する事に成功したのです

また、その事を、皆さんに分かりやすく
現在に例えて言えば
今、日本を牛耳っている官僚達
平気で天下りばかりしている官僚達が
このまま、自分達がいたら日本は滅亡すると言う事で
日本の財政がここまで赤字になった責任を取ると言う事で
自らの手で、すべて全員辞職したようなものだと言えば
分かって頂けると思います

あの当時の武士のした事は
こんなにすごい事だったのです
まさしく無血革命で
諸外国の歴史でも殆どなく
欧米の人達が、考えられないと
本当に驚いていた記録も残っている事なのです

でも、そんな武士達の不満はやがて爆発しました
それが、「坂の上の雲のドラマ」でも紹介していた
西南戦争を代表する各藩の旧藩士の反乱です

というのも、坂の上の雲のドラマでは
司馬遼太郎史観によって、うまくその事を説明しています
「明治維新は士族による革命だった
多くの武士が死んだ
この歴史劇を進行する為に支払った莫大な経費はすべて
諸大名の自腹を切っての事だった
そのお返しが、領地を取り上げ
武士はすべて失業と言う廃藩置県だった
何の為の明治維新だったのか
彼らは思ったであろう

これが他日、各地で士族の反乱を呼んだ
その最大で、最後の反乱だったのが西南戦争である
明治10年2月、西郷隆盛が
薩摩士族1万2千人に寄せられて立ち上がった
この戦いの規模は、大変なものだった
九州各地の藩の士族が糾合する事で三万人にも達した
薩摩を中心とする日本最大の士族が死ぬ事で
12世紀以来、700年続いた
侍というものは滅んだのである」

坂の上の雲のドラマでは
その当時の武士の心情を
そううまく表現していましたが
俺も、その通りだと思いますし
ここに、この当時の武士、侍の御霊の悲劇
無念さがあったと思います

何故なら、幕府を倒して
新しい政府を作ったのは
士農工商で言う士、日本の武士達でした
言いかえるなら
他の身分の百姓とか
職人、商人などは、
一部の商人は別としても
明治維新にはまったく貢献していないのです

でもその最大の貢献者だった武士達
戦で、自ら血を流した人達が
皮肉にも、最大の犠牲者になりました
明治になってからは
職を失い、禄を失い
どんどん身分を剥奪されました
他の百姓、職人、商人達は
身分制度が廃止されて
どんどんよくなっている中で
武士だけが取り残されていたのです
それで、武士は遂に立ち上がったのです

それが長州で言えば、萩の乱と言われ
これは山口県士族の前原一誠(元参議)、奥平謙輔ら
約200名によって起こされました
明治9年10月24日熊本県で起きた神風連の乱と
同年の10月26日福岡で起きた秋月の乱に呼応して
10月27日に起きたのですが
明治政府に勝てる訳はなく
あっと言う間に鎮圧されたのです
本当に、悲しい出来事だと思います

また、そんな中で、翌日の10年
西南戦争は起きました
この戦争で、日本最強と言われていた薩摩武士でさえ
明治政府が、百姓や職人、商人、武士を含めた
国民で集めた軍隊にあっさり負けた事で
武士達が最後に持っていた
誇り、気概までもがあっさり消滅して
武士、侍は消えてしまったのです
きっと、無念だったと思います

でも、そんな武士がいたから
明治維新という大偉業をする事ができました
日本は、欧米の植民地の脅威から逃れる事が出来ました
皆さんと一緒に、心から、明治時代の武士の御霊に
感謝したいと思います


●人生で成功するナビ"素質分析カルテ"●
人間関係向上・人間関係ストレス軽減ツール
パソコン用
http://www.geocities.jp/ennohana/1sositugakutuuru.htm


●●●●●●●●●●●●●●●
人間関係向上ストレス軽減ツール
携帯用
http://sositsu.keitailife.biz/iwa/
素質分析カルテ・岩谷正
●●●●●●●●●●●●●●●

あなたの夢が実現してしまう
魔法の力
誘導瞑想CD
心呼吸(しんこきゅう)
http://www.infocart.jp/t/10801/ennohana/

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズは、メルマガを通して
私とのご縁のある人が、ますます幸せになる為に、
いろんな情報を、お届けしています
しかも、情報をお届けするだけでなく、読者の皆さんに
具体的に幸せになれる手段、ご縁を提供するつもりですし
一人でも、多くの皆さんを、新しい時代、ユビキタス社会に
お連れすることを、目標にしています
また、その為に、最新のビジネス情報もお届けしますが
それだけでなく、皆さんが、究極の幸せになれるために
すべての魂を癒す。あるすごいエネルギーも、届けています
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


このメルマガを是非、皆さんの知人、友人にご紹介下さい
メールで、どんどん、送ってあげて下さい
メルマガ読者登録は、こちらからお願いします
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズ
メルマガ申し込み・解除 PCサイト
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=3



今がますます幸せだと気がツクにはシリーズのメルマガ
携帯にも送れるようになりました
是非、携帯からお読み下さい
携帯、申し込みサイトから申し込んで下さいね
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=4


今がますます幸せだと気がツクにはシリーズの
メルマガに関して、感想、質問、ご意見があれば
どんなことでも、結構です
いつでも、誰でも、遠慮なく、お問い合わせ下さいね
必ず、ご返事します
https://www.form-answer.com/applications/B9DWB



今がますます幸せだと気がツクにはブログサイトでは
どんどんブログ書いていますよ
 http://ennohana.seesaa.net/


縁の花 トップページ 
http://www.geocities.jp/ennohana/


縁の花 携帯サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/keitaiennohana/indexennohana.htm




縁の花で、ご縁を持たせて頂いた人達の本を、ご紹介しています。
○縁の花書店PC版サイト○ 
http://astore.amazon.co.jp/ennohana-22



縁の花村情報サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/ennohanamurajo/ennohanamura.htm

posted by キク at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 坂の上の雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

482号「坂の上の雲」第1回「少年の国」 江戸の日本にありがとうございます

今が、ますます幸せだと気がツクには482号
「坂の上の雲」第1回「少年の国」
江戸の日本にありがとうございます
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
司馬遼太郎先生は、10年間の年月をかけて
発行部数二千万部と言われる
国民的な小説、坂の上の雲で
明治時代の日本
ずっと長い間、島国で
日本海と言う激しい海
天然の堀に守られて
他国から占領された経験のない日本

江戸時代だけでなく
ずっと二千年間
基本的に国を閉ざして
世界史に登場した事がなかった日本

何の資源もなく
魅力もないと思われていた日本
世界からは、本当に小さな国だと思われていた日本が
アジア諸国が、次々と欧米の列強によって
次々と、植民地にされている現実に目覚め
大きな危機感を持つと
明治維新を起こし
国民ひとりひとりが少年のような希望をもって
国の近代化に取り組み
そして存亡をかけて日露戦争を戦った
「少年の国・明治」の描いたと言われています

坂の上の雲の主人公は
日露戦争で、決定的な活躍をした秋山兄弟
陸軍で、日本騎兵の父と呼ばれ
日露戦争では、当時世界最強と言われていた
コサック騎兵を見事に破った秋山好古
その弟で、海軍に入って
日露戦争では、連合艦隊の参謀として
東郷平八郎連合艦隊司令長官の元で
日本海海戦における作戦をことごとく立案して
バルチック艦隊を壊滅させた
影の功労者、秋山真之
そんな秋山兄弟と同じ松山に生まれて
小さいころからの親友で
東京で、俳句や短歌の革新を目指し
日本の近代文学に、多大な影響を及ぼしたが
志半ばにして、享年34歳で病没した
自らをホトトギスと名乗っていた正岡子規
この3人ですが
本当の主人公は、まだまだ幼い明治の日本だと言うのです
一つの国家が、真の主人公だと言うのです
これには驚きです

だって俺は、恥ずかしながら
そんな発想で、司馬遼太郎先生が
坂の上の雲を1968年、昭和43年から
書いていた事をまったく知りませんでした
今まで、坂の上の雲の主人公は
秋山兄弟と少し正岡子規と思っていました
だから、そんな発想で、坂の上の雲を書いていたのかと
今更ながら本当に驚いてしまったのです
司馬遼太郎先生は、本当にすごいと思いますし
司馬遼太郎先生の御霊には心から尊敬したいと思います

また、そんな主人公の明治の日本ですが
ここで忘れてはいけないのは
江戸時代の日本
260年間日本を治めていた徳川家の功績です

と言うのも、江戸時代の日本は
鎖国と言う制度を徳川家がした為に
日本は、世界から取り残された
徳川家は、欧米諸国が、どんどん進んでいる事を
蘭国、オランダを通して知っていたのに
自分達を守る為に
ペリーが来航して、脅されるまで
開国しようとはしなかった
日本が、ここまで欧米の文明に遅れたのは
全部、徳川家、幕府の責任だと思われていますが
実は、そんなマイナスばかりではありません

確かに、そういった負は、大きいですし
徳川家に責任もあります
でも他のアジア諸国から見たら
目には見えませんが
プラス、功もたくさんありました
日本の明治は、江戸時代のおかげ様で
大きな潜在能力を秘めていたのです

何故なら日本の国は
江戸時代に、妻子が人質になっている江戸に
参勤交代をしていた事で
全国の藩主が、江戸と藩を交代で行く事によって
集権的な近世封建制支配を貫徹する事ができました
大名達は、長い江戸時代を通して
他の大名とも親交を持って
一体感を持つ事ができました
同じ日本人と言う意識を持つ事が出来たのです

だから日本は、幕末になって
今の徳川政権では、日本は危ないと分かるまでは
幕府の元で、一致団結して戦う事は出来ました
全国のどこかに、諸外国が攻めてきても
幕府の元に、日本として戦う事は可能だったのです

しかも260年以上も戦をしなかったので
欧米に劣るとはいえ、産業や金融も発達していました
地主や問屋商人の中には工場を設けて分業や協業によって
工場制手工業生産をおこなうマニュファクチュアが天保期には現れていました。
大坂周辺や尾張の綿織物業、桐生・足利・結城など
北関東地方の絹織物業などでおこなわれていたのです

その上に、今日世界的にもてはやされる日本文化のかなり多くの部分
(俳句、園芸、近世邦楽、文楽、歌舞伎、浮世絵、根付
日本料理、和菓子、陶磁器、漆芸、服飾など)も発達していました
これらは、近代化の基盤となったのです

また、鎖国をする事で、外国との交流を断ったことで、
日本独自の文化を形成する事が出来ましたし
何よりも、精神面、思想面で
大きく発展する事が出来ました

その当時の日本人は、礼儀正しく
武士と言う気概を持っている人達がいて
何よりも、藩政改革の一環としての
藩校開学が各地で行われるようになった事で
基本的には藩士の子弟に朱子学や剣術を奨励・徹底するものでしたが
一部には医術や西洋技術を講義されていましたし
庶民レベルでは僧侶ら知識階級が
庶民らの子どもを集めて基本的な読み書きを教えた寺子屋が
増えていったことで日本の識字率が高まっていき
その当時を支配していた英国よりも、読み、書きできる
識字率が高かったと言うのです
これは、今から考えても、驚異的な事なのです

そして何よりも、日本人は
長い間、鎖国する事で
狭い、日本列島に閉じ込められて
外に進出する事ができなかったので
エネルギーを一杯ためていました
それが明治時代になって一気に出ました
今までずっと押さえられていたバネ
日本人の潜在意識が、一気に弾け飛んだのです

だから、明治の日本は
司馬遼太郎先生が言うように
本当に小さな国でしたが
秘めた力はみなぎっていました
江戸時代に、自然と培われていたものがあったのです

なので、日本は明治になると
わすがの年月で、産業革命を達成すると
清国を倒し、ロシアにも勝つ事が出来ました
俺は、絶対に、それを忘れたらいけないと思います
江戸の日本、江戸時代の御霊達には
心から感謝しないといけないと思うのです
是非、皆さんにも、そんな江戸という名前だった日本の国に
一言「ありがとうございます」と感謝して頂けたら幸せです


●人生で成功するナビ"素質分析カルテ"●
人間関係向上・人間関係ストレス軽減ツール
パソコン用
http://www.geocities.jp/ennohana/1sositugakutuuru.htm


●●●●●●●●●●●●●●●
人間関係向上ストレス軽減ツール
携帯用
http://sositsu.keitailife.biz/iwa/
素質分析カルテ・岩谷正
●●●●●●●●●●●●●●●

あなたの夢が実現してしまう
魔法の力
誘導瞑想CD
心呼吸(しんこきゅう)
http://www.infocart.jp/t/10801/ennohana/

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズは、メルマガを通して
私とのご縁のある人が、ますます幸せになる為に、
いろんな情報を、お届けしています
しかも、情報をお届けするだけでなく、読者の皆さんに
具体的に幸せになれる手段、ご縁を提供するつもりですし
一人でも、多くの皆さんを、新しい時代、ユビキタス社会に
お連れすることを、目標にしています
また、その為に、最新のビジネス情報もお届けしますが
それだけでなく、皆さんが、究極の幸せになれるために
すべての魂を癒す。あるすごいエネルギーも、届けています
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


このメルマガを是非、皆さんの知人、友人にご紹介下さい
メールで、どんどん、送ってあげて下さい
メルマガ読者登録は、こちらからお願いします
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズ
メルマガ申し込み・解除 PCサイト
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=3



今がますます幸せだと気がツクにはシリーズのメルマガ
携帯にも送れるようになりました
是非、携帯からお読み下さい
携帯、申し込みサイトから申し込んで下さいね
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=4


今がますます幸せだと気がツクにはシリーズの
メルマガに関して、感想、質問、ご意見があれば
どんなことでも、結構です
いつでも、誰でも、遠慮なく、お問い合わせ下さいね
必ず、ご返事します
https://www.form-answer.com/applications/B9DWB



今がますます幸せだと気がツクにはブログサイトでは
どんどんブログ書いていますよ
 http://ennohana.seesaa.net/


縁の花 トップページ 
http://www.geocities.jp/ennohana/


縁の花 携帯サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/keitaiennohana/indexennohana.htm




縁の花で、ご縁を持たせて頂いた人達の本を、ご紹介しています。
○縁の花書店PC版サイト○ 
http://astore.amazon.co.jp/ennohana-22



縁の花村情報サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/ennohanamurajo/ennohanamura.htm
posted by キク at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 坂の上の雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

480号司馬遼太郎先生の司馬史観について

今が、ますます幸せだと気がツクには480号
司馬遼太郎先生の司馬史観について
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
2009年に、「坂の上の雲」のドラマが
NHKの新大河ドラマとして放送される意義について
いろいろ書いています

戦後65年以上経過した今になって
やっと大河ドラマの一つとして
黄色人種で唯一近代化した国として戦い
見事に、白人の大国だったロシアを破った
20世紀最大の出来事と言われる
大きな歴史的な偉業を起こした事を
ドラマとして紹介される事
本当に素晴らしいと思うのです

また俺は、「坂の上の雲」が
2009年に放送された事は
司馬遼太郎先生の御霊の意志と言う視点で
考えても大変意義がある事だと思います
これが、90年代とか
2000年になってすぐでなく
今の時期に、放送されて良かったと思うのです

というのも、司馬遼太郎先生の「坂の上の雲」の作品は
俺自身も、大好きな作品です
大学生の頃、熱心に読んだ記憶があります
司馬遼太郎先生の他の作品、「竜馬がゆく」「功名の辻」と同じように
「坂の上の雲」も何回も読みました

残念ながら、「坂の上の雲」は立ち読みですが
あの当時は、司馬遼太郎先生が書いている日露戦争が
すべて正しいと信じて
本屋さんで、何度も、何度も
熱心に読んだ記憶があるのです

しかし、そんな「坂の上の雲」の作品ですが
2000年代になってから
少しですが、見直されています
何でも、かんでも、「坂の上の雲」で書かれている事は
正しいと言う事ではないと思われているのです

何故なら、司馬遼太郎先生の戦争に対する経歴は、簡単に紹介すると
1923年(大正12年)8月7日、大阪府大阪市浪速区西神田町に生まれ
1944年(昭和19年)4月、満州四平の陸軍戦車学校に入校し、12月に卒業
その後は、満州牡丹江に展開していた久留米戦車第一連隊第三中隊第五小隊に
小隊長として配属されて
翌年、本土決戦のため新潟県、さらに栃木県佐野市に入り、
ここで陸軍少尉として終戦を迎えたと言われています
22歳で、今なら大学を卒業する歳だったのです

また22歳だった司馬遼太郎先生は、その時に
「なぜこんな馬鹿な戦争をする国に産まれたのだろう?
いつから日本人はこんな馬鹿になったのだろう?」との疑問を持ち
昔の日本人はもっとましだったにちがいない」として
「22歳の自分へ手紙を書き送るようにして小説を書いた」と述懐しています
佐野での敗戦の体験が、その後の作家生活の原点にあったと考えられているのです

しかも司馬遼太郎先生は、自分が満州で、陸軍として体験した経験で
陸軍嫌いになったと言われています
あの当時の陸軍の体質、精神主義が厭になったと思われるのです
その上で、何事も合理主義で考えて
第二次世界大戦における日本のありかたに対する不信から
小説の筆をとりはじめたという述懐からも分かるように
狂信的なもの、非論理的なもの、非合理なものなど
前近代的な発想なものは
否定するようになっています
それが、司馬史観と言われるものなのです

でも、その司馬史観は、一般に第二次世界大戦の反動から
日本の近代史全体に否定的な見解が強かった頃
戦後占領軍によって
絶対に勝てるはずのない米国と戦ったり
精神論、竹やりで戦おうとした
日本の軍人や政治家の考えは否応なく
新聞やテレビなどのマスコミによって
すべて批判されていた
20世紀までは良かったですが
近年になってから見直されてきています
今は、インターネットが発達した事もあって
司馬遼太郎先生の考えも分かりますが
別な考え方もあると思われているのです

なので、俺は、今、「坂の上の雲」のドラマが
放送される事は
司馬史観という観点で考えても
とてもよかったと思っています

何故なら、これが、20世紀だったら
そういった司馬史観で描かれた「坂の上の雲」が放送されても
誰も、訂正する事はできなかったからです
新聞やテレビなどのマスコミは、
司馬史観を、絶対に否定しない上に
インターネットもなかったので
それが、すべて正しいと言うドラマになったと思うのです

しかし、今ならドラマ化するに当たって
遺族の人達と
司馬遼太郎先生の坂の上の雲の小説を
忠実に描くと言う条件があったとしても
そんな司馬遼太郎先生の司馬史観も
ある程度、考慮されて
NHKでも、「坂の上の雲」を制作されたと思いますし
いろんな人も、インターネットを通して
書きこむ事ができます
日露戦争に関しても、坂の上の雲のドラマを通して
より詳しく評価されると思うのです

また俺は、それは、日露戦争の英霊が
心から望んでいる事だと思いますし
何よりも、司馬遼太郎先生の御霊が
望んでいる事だと確信しています
自分が、信じて書いた事でも
今は、別な考えがあるなら
それも紹介して欲しい
そうでないと、司馬遼太郎先生の御霊は
ずっと、坂の上の雲を書いた事を
後悔すると思うのです

ですから、坂の上の雲が
1990年代でなく
2009年の今、放送される事は
司馬遼太郎先生の御霊の意志とも言えると思うのです

なので、俺は、そんな司馬遼太郎先生の御霊も意識して
この坂の上の雲のドラマを
俺なりに書かせて頂きたいと思いますし
司馬史観に対しても
俺なりに、書かせて頂きたいと思います
それを、少し訂正させて頂く事が
俺のお役の一つだと思っているのです
ご理解して頂けたら幸せです



●人生で成功するナビ"素質分析カルテ"●
人間関係向上・人間関係ストレス軽減ツール
パソコン用
http://www.geocities.jp/ennohana/1sositugakutuuru.htm


●●●●●●●●●●●●●●●
人間関係向上ストレス軽減ツール
携帯用
http://sositsu.keitailife.biz/iwa/
素質分析カルテ・岩谷正
●●●●●●●●●●●●●●●

あなたの夢が実現してしまう
魔法の力
誘導瞑想CD
心呼吸(しんこきゅう)
http://www.infocart.jp/t/10801/ennohana/

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズは、メルマガを通して
私とのご縁のある人が、ますます幸せになる為に、
いろんな情報を、お届けしています
しかも、情報をお届けするだけでなく、読者の皆さんに
具体的に幸せになれる手段、ご縁を提供するつもりですし
一人でも、多くの皆さんを、新しい時代、ユビキタス社会に
お連れすることを、目標にしています
また、その為に、最新のビジネス情報もお届けしますが
それだけでなく、皆さんが、究極の幸せになれるために
すべての魂を癒す。あるすごいエネルギーも、届けています
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


このメルマガを是非、皆さんの知人、友人にご紹介下さい
メールで、どんどん、送ってあげて下さい
メルマガ読者登録は、こちらからお願いします
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズ
メルマガ申し込み・解除 PCサイト
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=3



今がますます幸せだと気がツクにはシリーズのメルマガ
携帯にも送れるようになりました
是非、携帯からお読み下さい
携帯、申し込みサイトから申し込んで下さいね
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=4


今がますます幸せだと気がツクにはシリーズの
メルマガに関して、感想、質問、ご意見があれば
どんなことでも、結構です
いつでも、誰でも、遠慮なく、お問い合わせ下さいね
必ず、ご返事します
https://www.form-answer.com/applications/B9DWB



今がますます幸せだと気がツクにはブログサイトでは
どんどんブログ書いていますよ
 http://ennohana.seesaa.net/


縁の花 トップページ 
http://www.geocities.jp/ennohana/


縁の花 携帯サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/keitaiennohana/indexennohana.htm




縁の花で、ご縁を持たせて頂いた人達の本を、ご紹介しています。
○縁の花書店PC版サイト○ 
http://astore.amazon.co.jp/ennohana-22



縁の花村情報サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/ennohanamurajo/ennohanamura.htm

posted by キク at 18:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 坂の上の雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

479号ドラマ「坂の上の雲」と映画「2012」には英霊や御霊のメッセージがあります

今が、ますます幸せだと気がツクには479号
ドラマ「坂の上の雲」と映画「2012」には
英霊や御霊のメッセージがあります
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
前号第478号「日本のマスコミは国賊です」で
NHKは、2011年に放送される事が決まっている
大河ドラマ歴代50作の中で考えても
戦国時代や幕末、室町時代、鎌倉時代などの時代に
戦ばかりしている人物のドラマにしているのに
西南戦争以後の明治、大正、昭和の時代では
外国との戦争になる、日清戦争、日露戦争、日中戦争、大東亜戦争については
中国、韓国、米国などに配慮して
一切ドラマにしていない事を皆さんにお伝えしました

彼らは本当に、国賊だと思います
日本国民に、ドラマを通して
あの時代に生きた人達の思い、情熱などの
真実を伝える意識がないのです

でもその壁を、今回「坂の上の雲」で
見事に破る事が出来ました
初めて、日清戦争、日露戦争を戦った
日本人の思い、情熱をドラマにする事が出来るのです
本当に画期的な事です
俺は、それで本当に嬉しいのです

またそれは、さすがに、50作もドラマにしたら
大河ドラマに登場させる人物や原作が
無いと言う事もあるとは思いま

でも、それだけでなく
戦後60年以上を経過する事で
中国やロシア、米国に対する
日本人の意識が、自然に、少しずつ
変わり始めたからだと思います

この頃は、中国やロシア、米国から非難されたら
かえって、反発する意識が
日本人にもやって生まれるようになったのです
でないと、坂の上の雲の大河ドラマは
まだまだ難しかったと思います

しかし俺は、それだけでなく
その日本人の意識の中には
長い間、じっと日本人を信じて
見守ってくれていた日本人の先祖様
日清戦争、日露戦争、大東亜戦争の英霊達が
大きく影響してくれていると確信しています
英霊達が、影から動いているから
2009年のこの時期に
坂の上の雲が、いよいよ放送される事に
なったのではないか
「坂の上の雲」のドラマには
英霊達の意識が反映している気がするのです

またその証拠と言う程の事ではないですが
坂の上の雲は、当初は2006年度の放送を予定していたそうです
それが、制作費が高額となった事や
2004年6月に脚本担当の野沢尚が死去(自殺)したことに加え
2004年から2005年にかけて立て続けに起こった
NHKの不祥事などにより製作体制が再検討された事で
遅れる事になったそうです

でも、そのおかげで、脚本については
製作スタッフが外部諮問委員会などの監修をもとに作成
2009年秋から3年間に渡って放送することを目指して製作される事になりました
その上に、日露戦争の舞台となった中国やロシア、アメリカ、イギリス等で
大規模な海外ロケも行われる事になったのです
これは、きっと英霊達の意志だと思います

しかも俺は、2006年の大河ドラマ
功名が辻 を見ていたので分かりますが
2009年の天地人の時と比べたら
この3年間で、映像の技術、コンピューターの技術は
驚く程進歩しています

天地人で見せた大阪城や小田原城の映像や
関ヶ原の合戦のシーンは
今までの大河ドラマとは比較にならない映像なのです

だから、その2009年に
坂の上の雲のドラマが
放送されると言う事は
映像の技術と言う面からみても良かったと思います
今の方が、リアル感、現実感があって
英霊達は、喜ぶと思うのです

いえ、英霊達は、その為にわざと少し
放送をする年月を遅らせたのではないか
俺はそんな予感がします
ここでも、何か英霊の意志が動いている気がするのです


また同時に、俺は、今、坂の上の雲が放送される事は
御霊達の大いなるメッセージも込められていると感じています
何故なら、今日本は、再び大東亜戦争や日清、日露戦争
幕末の頃と同じ国難を迎えています
内外外憂で、あの時と同じように
外国の植民地にされる危機があるのです

いえ、もしかしたらそれ以上かもしれません
だって北朝鮮のミサイルと原爆開発
中国の軍事力膨大と、ロシアの独裁化
米国の経済、軍事力の衰え
米国の日本離れと、米国と中国のG2米中2極体制の構築と言えば
今の日本に、大きな危機がある事は
誰もが否定はできないと思うからです

その上に、下手をしたら、日本に、広島、長崎とは
比較にならない核兵器が落ちてきたり
日本が、中国に支配されて
日本民族が滅亡するなんて言う事も
考える事ができます
日本は、最大の危機を迎えようとしているのです

だから、俺は、そんな今の日本人に対して
日露戦争の英霊達は
「坂の上の雲」のドラマを通して
何かのメッセージを教えてくれている気がするのです

ただし、その反面
それが何かは、今の俺には分かりません
それは、これから「坂の上の雲」のドラマを
見てみないと分かれませんが
俺は、日露戦争の時のように
日本民族が一丸となって危機感を覚えて
指導者が、冷静に判断して
一人、一人が、自尊独立の気概を持って
日本人としての誇りと、日本は、神国だと信じて
最後に、国や愛する家族の為なら死を恐れないで行動したら
この危機を乗り越える事はできると
英霊達は、教えている気がしているのです
そうすれば、大丈夫だと言うメッセージを
伝えてくれている気がしているのです
是非、皆さんもそんな思いで
3年間「坂の上の雲」を見て頂きたいと思います


また俺は、何故か直感として
坂の上の雲が放送される
2009年から2011年と言う年は
日本では、11月21日から上映される
世界的に大ヒットしている映画「2012」に繋がる予感がします
2009年、10年、11年、最後に12年になる気がするのです


というのも、2012の映画は
2012年12月23日に、マヤ暦の暦が終わる事で
その日で、今の人類の文明が終わりを
迎えることを意味すると言う
マヤの予言を代々にした映画ですが
俺は、これにも英霊達や御霊達の何か
大きなメッセージがある予感がするからです

ただし、この「2012」の映画も、まだ見ていないので
何とも言えませんが
映画、2012では、今異常が起きている太陽から出る
増大した太陽風の影響で、地球の磁気フィールドが崩壊して
地球に天変地異が起きて
人類の文明は崩壊するというものだそうです

俺は、それに関しては素人なので分かりませんし
ノストラダムスの予言や
コンピューターの2000年問題のように
見事に外れる可能性がありますが
直感で、この映画「2012」には
御霊達のメッセージがある気がします
ある程度真実ではないかと思うのです

なので、一度レンタルされたら
見たいと思いますが
是非、皆さんにも、そういった意識で
これからの坂の上の雲と2012見て頂けたらと思います
どうかよろしくお願いします



●人生で成功するナビ"素質分析カルテ"●
人間関係向上・人間関係ストレス軽減ツール
パソコン用
http://www.geocities.jp/ennohana/1sositugakutuuru.htm


●●●●●●●●●●●●●●●
人間関係向上ストレス軽減ツール
携帯用
http://sositsu.keitailife.biz/iwa/
素質分析カルテ・岩谷正
●●●●●●●●●●●●●●●

あなたの夢が実現してしまう
魔法の力
誘導瞑想CD
心呼吸(しんこきゅう)
http://www.infocart.jp/t/10801/ennohana/

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズは、メルマガを通して
私とのご縁のある人が、ますます幸せになる為に、
いろんな情報を、お届けしています
しかも、情報をお届けするだけでなく、読者の皆さんに
具体的に幸せになれる手段、ご縁を提供するつもりですし
一人でも、多くの皆さんを、新しい時代、ユビキタス社会に
お連れすることを、目標にしています
また、その為に、最新のビジネス情報もお届けしますが
それだけでなく、皆さんが、究極の幸せになれるために
すべての魂を癒す。あるすごいエネルギーも、届けています
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


このメルマガを是非、皆さんの知人、友人にご紹介下さい
メールで、どんどん、送ってあげて下さい
メルマガ読者登録は、こちらからお願いします
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズ
メルマガ申し込み・解除 PCサイト
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=3



今がますます幸せだと気がツクにはシリーズのメルマガ
携帯にも送れるようになりました
是非、携帯からお読み下さい
携帯、申し込みサイトから申し込んで下さいね
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=4


今がますます幸せだと気がツクにはシリーズの
メルマガに関して、感想、質問、ご意見があれば
どんなことでも、結構です
いつでも、誰でも、遠慮なく、お問い合わせ下さいね
必ず、ご返事します
https://www.form-answer.com/applications/B9DWB



今がますます幸せだと気がツクにはブログサイトでは
どんどんブログ書いていますよ
 http://ennohana.seesaa.net/


縁の花 トップページ 
http://www.geocities.jp/ennohana/


縁の花 携帯サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/keitaiennohana/indexennohana.htm




縁の花で、ご縁を持たせて頂いた人達の本を、ご紹介しています。
○縁の花書店PC版サイト○ 
http://astore.amazon.co.jp/ennohana-22



縁の花村情報サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/ennohanamurajo/ennohanamura.htm

posted by キク at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 坂の上の雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

478号日本のマスコミは国賊です

今が、ますます幸せだと気がツクには478号
日本のマスコミは国賊です
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
NHKの大河ドラマ
歴代48作の中で
「山河燃ゆ」は、創作なので例外として
明治10年の西南戦争以後の戦争を
取りあげたドラマはない事を
皆さんにお伝えしました

しかし、それは考えたら
本当に不思議な事です
だって、48年間
これからの2011年に放送される
「江 姫たちの戦国」を含めたら
50年間も、明治10年以降の歴史上存在した戦争は
一切取り上げられていない事になるからです

しかも明治10年以後も
日本の歴史に、戦争にかかわった有名な人物が
いないのかと言えばそんな事はありません

伊藤博文の明治時代の政治家
東郷平八郎、山本五十六などの軍人
たくさんいます

いえ、そういった軍人だけでなく
戦後、日本経済を復興させた
松下電器の松下幸之助や
ソニーの盛田昭夫などの
財界人もいます
彼らも、大東亜戦争や
戦後の日本の経済戦争にかかわっているのです

なのに、一切そういった人物は
大河ドラマの主人公にはなりません
名前が上がった事さえないのです
本当に、考えたら不思議だと思います

だってそういった人物は
歴史が近いだけに
大河ドラマとして放送されたら
人気が出て
視聴率が高い可能性が高いです

しかし日本の国では、本当に変ですが
ドキュメンタリー番組は別ですか
ドラマとして、日本国民が高揚するもの
ナショナリズムが生まれるものは
日本のマスコミは、放送しようとしないのです

また俺は、その理由の一つは
現在にちかい人物を取り上げたら
その人の関係者や業界、利害関係者に
影響があるという事もあると思います
例えば、松下幸之助を取り上げたら
他の電器メーカー、ソニーや日立、東芝などから
抗議があると思うのです

でもその最大の理由は
今までNHKの大河ドラマで
西南戦争より前の歴史
特に、外国との戦争が取り上げられなかったのは
外国の中国やロシア、米国などの外国からの圧力
対中国、対米などの外国の配慮が
一番の原因だと確信しています
外国に遠慮して、NHKは放送しようとする意志がなかったのです

だってそれが、真実であれば、真実な程
中国やロシア、米国と言う国が黙っている訳がないからです
負けた国は、好意に嘘の番組を放送としたと
NHKに対して、非難する可能性もありますし
影からの圧力もかける事が出来ます
教科書問題を考えたら分かると思うのです

だから、そういった無言の圧力があって
NHKを含めて、マスコミはずっと
戦後60年経過した今も
日清戦争からの近代の歴史は
避けていたと思います

いえ、戦後、日本のマスコミや官僚は
米国や中国の支配されている存在なので
こういった作品は制作しようとはしなかったのです
日本のマスコミ、テレビ局は
本当に情けないと思います
日本のマスコミは、日本の国を
平気で、外国に売っている国賊ものだと言っても
いいと思うのです

何故なら、そうでなかったら
日本が、大国清の中国やロシアを破ったという
近代歴史を驚かせる画期的な歴史的な事件や
あの超大国米国と、3年半も太平洋で戦ったという事実や
戦後、日本が経済大国として復活して
経済戦争で欧米に勝利したと言う事など
50年以上も放送されなかった理由を説明する事はできません
これが、お隣の韓国とか中国や中東諸国
いえ、日本以外の国であれば
どこでも、どんどん放送されていると思います
まさしく日本の常識は
世界の非常識な出来事だと思うのです




●人生で成功するナビ"素質分析カルテ"●
人間関係向上・人間関係ストレス軽減ツール
パソコン用
http://www.geocities.jp/ennohana/1sositugakutuuru.htm


●●●●●●●●●●●●●●●
人間関係向上ストレス軽減ツール
携帯用
http://sositsu.keitailife.biz/iwa/
素質分析カルテ・岩谷正
●●●●●●●●●●●●●●●

あなたの夢が実現してしまう
魔法の力
誘導瞑想CD
心呼吸(しんこきゅう)
http://www.infocart.jp/t/10801/ennohana/

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズは、メルマガを通して
私とのご縁のある人が、ますます幸せになる為に、
いろんな情報を、お届けしています
しかも、情報をお届けするだけでなく、読者の皆さんに
具体的に幸せになれる手段、ご縁を提供するつもりですし
一人でも、多くの皆さんを、新しい時代、ユビキタス社会に
お連れすることを、目標にしています
また、その為に、最新のビジネス情報もお届けしますが
それだけでなく、皆さんが、究極の幸せになれるために
すべての魂を癒す。あるすごいエネルギーも、届けています
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


このメルマガを是非、皆さんの知人、友人にご紹介下さい
メールで、どんどん、送ってあげて下さい
メルマガ読者登録は、こちらからお願いします
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズ
メルマガ申し込み・解除 PCサイト
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=3



今がますます幸せだと気がツクにはシリーズのメルマガ
携帯にも送れるようになりました
是非、携帯からお読み下さい
携帯、申し込みサイトから申し込んで下さいね
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=4


今がますます幸せだと気がツクにはシリーズの
メルマガに関して、感想、質問、ご意見があれば
どんなことでも、結構です
いつでも、誰でも、遠慮なく、お問い合わせ下さいね
必ず、ご返事します
https://www.form-answer.com/applications/B9DWB



今がますます幸せだと気がツクにはブログサイトでは
どんどんブログ書いていますよ
 http://ennohana.seesaa.net/


縁の花 トップページ 
http://www.geocities.jp/ennohana/


縁の花 携帯サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/keitaiennohana/indexennohana.htm




縁の花で、ご縁を持たせて頂いた人達の本を、ご紹介しています。
○縁の花書店PC版サイト○ 
http://astore.amazon.co.jp/ennohana-22



縁の花村情報サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/ennohanamurajo/ennohanamura.htm

posted by キク at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 坂の上の雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

477号ドラマ「坂の上の雲」を通していよいよ英霊達を済度します

今が、ますます幸せだと気がツクには477号
ドラマ「坂の上の雲」を通して
いよいよ英霊達を済度します
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
大河ドラマ「天地人」の後
司馬遼太郎先生の「坂の上の雲」が
2009年11月29日から始まりました
年末の12月に、1時間半、1回で大河ドラマ2話分で
3年間をかけて、計13回放送されるのです
本当に、すばらしい事だと思います
ちなみに2009年は、合計5回です

また俺は、今年の夏頃に、「坂の上の雲」のドラマが
放送されると知った時から
正直やったねと言う気持ちで一杯でした
だって、いつか、こんな日が来るの
俺は、多くの英霊達と一緒にずっと待っていたからです
だから俺は、今、心から「坂の上の雲」が放送された事を
御霊達と本当に喜んでいるのです

何故なら俺は、この時期に「坂の上の雲」が
NHKで、大河ドラマ並に放送される事は
本当に、画期的な事で
天、霊界から見れば
戦後という大きな枠
英霊達の岩戸が開かれると言う事を意味すると
考えているからです

ただ、単に、日露戦争の事を扱った
ドラマが放送されると言うような単純な事ではないと
確信しているのです
本当に、大きな意義が
少なくても何個かあると考えているのです

と言うのも、その意義の一つ目ですが
実は、今まで、NHKの大河ドラマで明治以後
明治10年の西南戦争以後の歴史や人
物を扱った大河ドラマは
純粋の意味でありませんでした

あるとしたら、1984年から1986年に
近現代三部作として放送された、1984年の「山河燃ゆ」と
翌年の『春の波涛』、翌々年の『いのち』と
昭和時代が続いたものだけですが
この中でも、戦争を扱ったものは、大東亜戦争(太平洋戦争)
日中戦争や極東国際軍事裁判も描いた「山河燃ゆ」だけです
後の春の波涛は、日本の女優第一号である川上貞奴
いのちは、橋田壽賀子策の創作で、女医者さんの話なのです


しかも、この「山河燃ゆ」の作品は
俺自身見ていないので、何とも言えませんが
登場人物は、主人公が架空の人物で、
話もノンフィクション
史実や記録に基づいた文章や映像などの創作作品だそうです

その上に原作は、山崎豊子作の『二つの祖国』で
話の内容は、二人の日系人が、兄と弟が、日本と米国に別れて戦い
東京裁判でも対決すると言う内容です

だけど俺自身は、「山河燃ゆ」の作品は
大河ドラマの基本から外れているので
御霊達から見たら、供養と言う視点から見たら
ずれていると思っています


だって、二人の日系人は、大河ドラマが登場される
歴史上、知られている人物と言う視点から見たら違いますし
ノンフィクションなので、事実と言う視点で見ても違います
原作者などの頭の中で、創り出した話なのです

ですから俺は、それでは御霊達は感動しないと思います
事実と違うからです
人間の頭で作った話で、本当の事ではないからです
それでは御霊達には、通用しないのです

なので、今回の「坂の上の雲」が
大河ドラマではありませんが
21世紀スペシャル大河ドラマとして
明治10年の西南戦争の後の時代
日清戦争、日露戦争を
基本的に忠実に描いた
初めてのNHKの大河ドラマと言う事になります

今までの48作、いえ、これから放送される事が分かっている
2011年の「江 姫たちの戦国」で考えても
50作の作品の中でも画期的な作品になるのです

しかも司馬遼太郎先生は
膨大な資料を元に
ちゃんと事実に基づいて歴史的な事件を書いています
その中には、司馬史観という創造の面もありますが
歴史の真実と言う事からずれる事はないのです

その上に、「坂の上の雲」は
第八巻にも及ぶ大作で
「竜馬がゆく」「翔ぶが如く」「菜の花の沖」と同じ
司馬遼太郎先生の代表作の一つで
多くの人に、実際に読まれている作品でもあります

だから俺は、この「坂の上の雲」なら
多くの御霊さんが、供養される、成仏させる事ができる
済度できる作品だと前から思っていました
たくさんの人が読んでいると言う事は
人気があると言う事は
御霊達が、このドラマを見て
感動する可能性が大きいと思うのです

なので、俺は今、ファイト満々です
ずっと前から、大河ドラマで
戦国時代や幕末ではなくて
明治10年の西南戦争以後の歴史
日清戦争、日露戦争、大東亜戦争などの
外国との戦争、戦いの因縁を描いてくれる作品が
現れる事を願っていたからです
こんなやりがいのある済度のお役を与えて頂いた事を
霊界、天に感謝しているのです

だって、人数で考えても
戦国時代や幕末よりも
日清戦争、日露戦争、大東亜戦争の方が
両軍合わせて、桁が違う程の規模の
たくさんの人が亡くなっています
しかも相手は、外国の人達なのです

それが、日清戦争で何万人、
日露戦争で何十万人
大東亜戦争で、何百万人
本当にたくさんの御霊さんが生まれていますし
多くの因縁を生まれているのです
いつか、そういった英霊達を
済度の仲間や皆さんで
全部救わせて頂きたいと思います

ただその反面
いよいよ靖国神社に祀られる
英霊達を済度する事は
本当に大変なお仕事で
今までとは比較にならないぐらいエネルギーが必要です

なので、それが俺にできるからと言えば
少し怖い気もしますが
俺自身、皆さんと一緒に挑戦したいと思います
是非、俺に力を貸して下さい
よろしくお願いします



●人生で成功するナビ"素質分析カルテ"●
人間関係向上・人間関係ストレス軽減ツール
パソコン用
http://www.geocities.jp/ennohana/1sositugakutuuru.htm


●●●●●●●●●●●●●●●
人間関係向上ストレス軽減ツール
携帯用
http://sositsu.keitailife.biz/iwa/
素質分析カルテ・岩谷正
●●●●●●●●●●●●●●●

あなたの夢が実現してしまう
魔法の力
誘導瞑想CD
心呼吸(しんこきゅう)
http://www.infocart.jp/t/10801/ennohana/

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズは、メルマガを通して
私とのご縁のある人が、ますます幸せになる為に、
いろんな情報を、お届けしています
しかも、情報をお届けするだけでなく、読者の皆さんに
具体的に幸せになれる手段、ご縁を提供するつもりですし
一人でも、多くの皆さんを、新しい時代、ユビキタス社会に
お連れすることを、目標にしています
また、その為に、最新のビジネス情報もお届けしますが
それだけでなく、皆さんが、究極の幸せになれるために
すべての魂を癒す。あるすごいエネルギーも、届けています
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


このメルマガを是非、皆さんの知人、友人にご紹介下さい
メールで、どんどん、送ってあげて下さい
メルマガ読者登録は、こちらからお願いします
今が、ますます幸せだと気がツクにはシリーズ
メルマガ申し込み・解除 PCサイト
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=3



今がますます幸せだと気がツクにはシリーズのメルマガ
携帯にも送れるようになりました
是非、携帯からお読み下さい
携帯、申し込みサイトから申し込んで下さいね
http://ennohana.sakura.ne.jp/neo/usrctrl.php?mag_id=4


今がますます幸せだと気がツクにはシリーズの
メルマガに関して、感想、質問、ご意見があれば
どんなことでも、結構です
いつでも、誰でも、遠慮なく、お問い合わせ下さいね
必ず、ご返事します
https://www.form-answer.com/applications/B9DWB



今がますます幸せだと気がツクにはブログサイトでは
どんどんブログ書いていますよ
 http://ennohana.seesaa.net/


縁の花 トップページ 
http://www.geocities.jp/ennohana/


縁の花 携帯サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/keitaiennohana/indexennohana.htm




縁の花で、ご縁を持たせて頂いた人達の本を、ご紹介しています。
○縁の花書店PC版サイト○ 
http://astore.amazon.co.jp/ennohana-22



縁の花村情報サイト
http://www.geocities.jp/ennohana/ennohanamurajo/ennohanamura.htm

posted by キク at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 坂の上の雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする