2008年01月22日

プラットホーム空 合同例会 01、02、03と「古神道・真言密教のお話の会」 今が、ますます幸せだと気がツクには74

今が、ますます幸せだと気がツクには74

プラットホーム空 合同例会 01、02、03と、
「古神道・真言密教のお話の会」


キクが、プラットホーム空03の
駅長として、仲間とやっている、
プラットホームですが、
1月から、実験的に、1ヶ月に1回の例会とは別に、
プラットホーム空(くう)01、プラットホーム空02、
プラットホーム空(くう)03での合同例会を開催します。


これは、プラットホーム独自の例会です。
第3金曜日のプラットホーム空(くう)03の例会に、
残念ながら、キクは、日曜日はお仕事なので、
参加できませんが、プラットホーム空3の人で、
お時間のある人は、是非、ご参加お願いします。
普段会えないメンバーと会って、
親交を深めて頂きたいと思います。


また日程は、20年1月27日(日)
     13:00〜15:00

場所   大阪歴史博物館 第二会議室
      (会館入り口から階段を上がり、右へ、一番奥の会議室です。)
      http://www.mus-his.city.osaka.jp/riyou/index.html

しかも、例会の後に、
空(くう)02のメンバー、リファ♪さんの
「古神道・真言密教のお話の会」を開催するそうです。


このリファさんとは、キク自身もお会いしたことがあります。
プラットホーム空02の大切な仲間です。


プラットホーム空02の駅長のサーシャさんが、
リファさんのご紹介文書いています。


「子供のころからお仏壇に向かって、光明真言を唱えていた。
私の周りには、このように仰る方が何人もいらっしゃいます。」

「五つの印明からなる護身法で、
身・口・意、の三業を浄め(『浄三業』)
『仏部三味耶』『蓮華部三味耶』『金剛部三味耶』で神仏が蝟集する大曼荼羅となり、
『被甲』を行って甲冑を身にまとう・・・・・ 」
「当日は、そんな密教の世界のお話を、
「神名書」で、魂を浄めてから聞いていただきます。 」
との事です。

日時   20年1月27日(日)
     15:30〜16:30

場所   大阪歴史博物館 第二会議室
      (会館入り口から階段を上がり、右へ、一番奥の会議室です。)
      http://www.mus-his.city.osaka.jp/riyou/index.html

参加費  一般 1200円
     プラットホーム会員 500円

この会は、例会でないので、
プラットホームの仲間さんにも、500円頂きます。
また、プラットホームのメンバーでない人も、
参加自由です。
是非、プラットホームや、
キクの言うバーチャルな仲間達に、
ご関心のある人は、キクにまで、
メール下さいね。
待っています。


キクのメール番号
ennohana@ybb.ne.jp



済みません。この続きを、是非、読みたいと思った方は、キクにまで、メール下さい。
喜んで送らせて頂きます。
また「今が、ますます幸せだと気がツクシリーズ」を・・・を読みたい人は、
是非、キクとキクヨとバーチャルの仲間達のカンパニーの
無料メルマガの読者になって下さい。
今は、どうしても、皆さんと、これからの時代を一緒につくる為にも
メルマガの読者になって頂きたいのです。
喜んで送らせて頂きたいと思います。お願いします。


人が生まれた時に、持っている性格や運勢が分かります。
これは、はっきり言って、すごいです。
●人生で成功するナビ"素質分析カルテ"●
人間関係向上・人間関係ストレス軽減ツール
http://www.geocities.jp/ennohana/1sositugakutuuru.htm


縁の花で、ご縁を持たせて頂いた人達の本を、ご紹介しています。
○縁の花書店○ 
http://astore.amazon.co.jp/ennohana-22

○縁の花書店サイト○
http://www.geocities.jp/ennohana/ennohanahonnsyotenn/ennohanahonn.htm



キクとキクヨとバーチャルの仲間達のカンパニー
今が、ますます幸せだと気がツクにはメルマガ申し込み
http://www.geocities.jp/ennohana/kikutokikuo/kikitokikuyo.htm

キクとキクヨとバーチャルの仲間達のカンパニー日記
 http://ennohana.seesaa.net/

縁の花 トップページ 
http://www.geocities.jp/ennohana/
【関連する記事】
posted by キク at 17:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

最澄と空海―日本人の心のふるさと (小学館
Excerpt: 空海は、同時代の先輩格であり、エリートであった最澄との対比で見ることで、輪郭がより際立ってくる。二人は偶然にも同じ遣唐使団で唐に渡っている。最澄は国費で、空海は自費。まずは本書でこの辺の事実関係を押さ..
Weblog:
Tracked: 2008-02-02 02:21